リンディー・セールス、8ポートのリモート電源制御スイッチ発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リンディー・セールス、8ポートのリモート電源制御スイッチ発売


掲載日:2011/02/03


News

 株式会社リンディー・セールスは、電力計測機能付きのインテリジェント電源スイッチ「リモート電源制御スイッチ(IP Power Management)8ポート」(型番:32659)を、2月中旬より発売する。

 今回発売される製品は、ネットワークに接続でき、8個のコンセントを備えている。インターネットまたはイントラネットに接続し、同製品にWebブラウザでアクセスすることで、遠隔地からコンセントのオン/オフや再起動、電力使用量の計測を行なえる。電力の使用量も計測できるため、現状の電力負荷を測定して機器構成を見直し負荷を分散させたり、各機器のピーク時の消費電力を測定して機器配置の参考にできるほか、グリーンITへの取り組みを促進できる。

 付属のユーティリティソフトを使用することで、複数の電源スイッチを1台のPC上から統合管理でき、サーバルーム全体またはスイッチ個別の電力使用量を測定したり、グラフ表示、エクスポートなどを行なえる。

 各コンセントには電源オン/オフにした時に実際にオン/オフになるまでの遅延時間を設定できるため、すべてのコンセントを同時に電源オンにしても、オンになる順序や時間差(最大255秒)を自由に調整でき、突入電流による高負荷の軽減を図れる。また、警告状態と超過状態の2種類のアラームを備えていて、それぞれ閾値を設定できる。電力使用量が閾値を超えて高負荷状態になると、アラーム音が鳴る。

 警告状態の発生、超過状態の発生といったイベントが発生すると、あらかじめ指定したメールアドレスへのメール送信、または指定IPアドレスへのSNMPトラップ送信で、イベントを通知できる。また、SNMPトラップやMIB(Management Information Base)を使用することで、NMS(ネットワークマネジメントシステム)との連携を行なえ、ミッションクリティカルなシステムで使用する場合、NMSと連携することで死活監視や高負荷状態の検知を行なえる。

 従来海外版のみだったが、独LINDY社の協力のもと、インターフェースの日本語化やPSEマーク取得を行ない、日本市場向けに改良されている。“LINDY”ブランドによって2年間の長期保証も付属している。


出荷日・発売日 2011年2月中旬 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032975


IT・IT製品TOP > 仮想化 > その他仮想化関連 > その他仮想化関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ