マーケティングとセールスの連携を図れるクラウド型システムとは

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


マーケティングとセールスの連携を図れるクラウド型システムとは


掲載日:2011/02/03
更新日:2018/01/09


News

 シナジーマーケティング株式会社は、マーケティング部門とセールス部門の連携強化を図れる、クラウド型マーケティングオートメーションシステム「Synergy!LEAD on Force.com」の提供を開始した。

 「Synergy!LEAD on Force.com」は、株式会社セールスフォース・ドットコムが提供するクラウドコンピューティング・プラットフォーム「Force.com」上に構築されている。シナジーマーケティングが提供するマーケティング系システム「Synergy!」と、セールスフォース・ドットコムが提供する営業マネジメント系システム「Salesforce CRM」が統合される(両システムの契約が必要)。

 マーケティング活動による顧客開拓からリード(見込み客)の獲得、セールス対応までの課題を可視化できる上、リードの発生段階からROI(投資対効果)の評価基準となる情報を入手できるため、マーケティング業務の効率化と案件の成約精度の向上を図れる。

 獲得したリードをスコアリングする機能を備え、マーケティング担当者から営業担当者へ、見込み情報を付けた状態でリードを引き渡せる。企業情報と担当者の役職・決裁権限などをもとにスコアを算出することで企業のポテンシャルを把握できるほか、Webサイトへの訪問頻度やメルマガへのクリック数など、リードの直近の活動をもとにスコアを算出することで、“ホット”なリードをリアルタイムで把握できる。

 確度の低いリードに対し、マーケティング部門がシナリオを組んでナーチャリング(育成)することで確度の高いリードを醸成し、セールス部門に引き渡すことで成約精度の向上を図れる“オートメーション機能”を備えている。具体的には、資料請求日などの日時を起点に、一定期間セミナーやキャンペーン情報などをおりまぜたステップメールにより購買意欲を喚起し、確度が高くなったタイミングでセールス担当に引き渡すことができる。

 プロモーション、営業経由など、獲得したリードの経路ごとに成約までの進捗をリアルタイムで確認できる“リードプロセスマップ機能”を備えているため、予算を投下すべきチャネルやタイミングなどを可視化でき、マーケティング活動の最適化を図れる。

 なお価格は、初期費用が29万4000円、月額費用が15万7500円(いずれも税込)となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

ポイント管理ソリューション PointInfinity 【日立ソリューションズ】 CRMとビジネス向けSNSが融合、ソーシャルコラボで得られる新たなメリットとは? 【日本マイクロソフト】 新規契約取引数30%以上アップ 先進企業は「数十万枚の名刺」をこう使う 【Sansan】 営業組織がデジタル変革を推進すると収益はどれだけ成長するのか? 【日本マイクロソフト】 エース級セールス担当になるための「リレーションシップセリング」活用ガイド 【日本マイクロソフト】
CRM CRM CRM CRM CRM
ポイントカードなどの会員情報やポイント付与/利用の管理やキャンペーンの管理、加盟店の管理など、ポイントシステムの構築・運用に必要なあらゆる機能を提供する。 CRMとビジネス向けSNSが融合、ソーシャルコラボで得られる新たなメリットとは? 新規契約取引数30%以上アップ 先進企業は「数十万枚の名刺」をこう使う 営業組織がデジタル変革を推進すると収益はどれだけ成長するのか? エース級セールス担当になるための「リレーションシップセリング」活用ガイド

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032968


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ