PEW-NETS、ワークフローの決裁をiPhoneからできるオプション発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


PEW-NETS、ワークフローの決裁をiPhoneからできるオプション発売


掲載日:2011/02/02


News

 パナソニック電工ネットソリューションズ株式会社(PEW-NETS)は、Webワークフローシステム「MajorFlow」シリーズの決裁業務をiPhoneから行なえる「スマートフォン オプション」を発売した。価格は、90万円(1企業)となっている。

 「スマートフォン オプション」では、「MajorFlow」にiPhone専用インターフェースを設け、外出先にPCや無線LANなどの設備がない場合でも、iPhoneから「MajorFlow」にアクセスでき、各種申請書の決裁を行なえる。

 “承認機能”を備えていて、iPhoneから申請書の決裁を行なえる。承認・否認・差戻しのほか、稟議書などでの合議、Word/Excel/PDFなど添付ファイルの閲覧も行なえ、PCと同様のイメージ&操作感で「MajorFlow」の決裁を行なえる。また、“申請書個別設定”では、表示項目の設定、iPhoneを利用した承認の可/不可設定を行なえる。“表示項目の設定”では、iPhoneに表示する項目を申請書ごとに細かく設定できる。決裁に必要な情報を自由にカスタマイズできるため、iPhoneの限られた画面を有効活用できる。“iPhoneを利用した承認の可/不可設定”では、iPhoneを利用した承認の可/不可を申請書ごとに設定でき、例えば交通費の精算はiPhoneでの承認を認めるが、機密情報が含まれることが多い稟議書はiPhoneでの承認を認めないといった運用を行なえる。

 これらにより、決裁業務を行なうために帰社したり、PCを持ち運んだりする必要がないため、決裁のスピードアップと効率化を図れる。


出荷日・発売日 2011年1月31日 発売
価格 90万円(1企業)

関連キーワード

「パナソニック電工ネットソリューションズ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ワークフロー」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークフロー」関連情報をランダムに表示しています。

「ワークフロー」関連の製品

OpenCube Workflow 【NTTデータ・スマートソーシング】 エンタープライズワークフロー MAJOR FLOW Z FORM 【パナソニック ネットソリューションズ】 ジョブカンワークフロー 【Donuts】 経費精算&ワークフロー MAJOR FLOW Z CLOUD 【パナソニック ネットソリューションズ】 Create!Webフロー 【インフォテック】
ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー
業務の可視化や改善、内部統制にも使えるソフトウェアパッケージ。 TCOを下げたい企業に最適。
Webフォームのほか、Word、Excelも回覧できる、高機能ワークフローソフト。
誰でも簡単に新しい申請書フォームを作成できるワークフローソフト。ラインアップには経費精算システムも用意。 誰でも使える簡単な操作性と高度な機能を併せ持つクラウド型のワークフローシステム。PC・スマホから、いつでもどこでも申請・承認が可能。 過去の申請も簡単に検索できる。 経費精算とワークフロー2つのラインアップで申請/承認の決裁だけではなく、経費精算の業務改善や内部統制を支援するビジネスリフォーム機能満載のクラウドサービス。 一般的な会社組織での申請/決裁業務にはもちろん、店舗運営や事業所に分かれている会社、またはグループ分割している会社など多様な組織で利用できるWebシステム。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032933


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ワークフロー > ワークフローのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ