CMONOS、既存サイトの携帯対応機能を搭載したCMSの新版を公開

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CMONOS、既存サイトの携帯対応機能を搭載したCMSの新版を公開


掲載日:2011/02/01


News

 株式会社CMONOSは、カスタムフィールドCMS「CMONOS.JP」の新版で、既存サイトを丸ごと携帯に対応させる新機能“cmonos.m”を搭載した、「ver 1.5.20110201」を公開した。

 「CMONOS.JP」は、中小規模サイト向けのカスタムフィールドCMSで、サイト全体の構築が不要な場合は、必要なツールから個別に活用できる。今回の新版に搭載された“cmonos.m”は、「CMONOS.JP」に含まれるツールに加え、他のCMSやCGIを利用しているページ、静的HTMLファイルなど、既存サイトのページを携帯用に変換できる。

 “cmonos.m”では、携帯電話搭載ブラウザ向けに既存サイトの内容を変換・最適化でき、文字コードをShift JISに統一するほか、携帯電話では再現性が低いHTMLタグを削除、サイズの大きな画像をリンクに変換する。また、携帯電話搭載ブラウザで閲覧している場合、外部サイトへのリンクをクリックすると移動の是非を確認するページを表示する。

 携帯電話が表示できる最大ページ容量に応じて自動的にページを分割する。この際、POSTで要求されたページではページ分割が無効化される。Cookie非対応ブラウザ(非推奨)からのアクセスではiモードIDなどを利用し、Cookieを利用できる。また、Referer非対応ブラウザからのアクセスでもRefererを送信する。

 その機能がJavaScriptに依存していない限り、「CMONOS.JP」の各種ツールに加え、既存サイトの全機能を携帯から操作できる(最大ページ容量が不十分な携帯電話では、フォームが途中で途切れるため一部機能が利用できない)。

 既存サイトに携帯向け表示設定をHTMLのコメントとして埋め込められ、ヘッダ部分など指定された要素をページ末尾に回すよう設定できるほか、指定された要素を携帯電話では表示しないように設定できる。携帯電話でのみ表示する内容を記述できるほか、携帯電話でページを分割する位置を指定できる。また、携帯電話でのみ使用するbody要素の属性を設定できる。

 これらにより、「CMONOS.JP」を導入することで、DreamWeaverなどで作られた既存HTMLコンテンツや、「CMONOS.JP」以外のシステムで構築したブログ、掲示板、ショッピングカートなど、サイトを丸ごと携帯に対応させられる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032927


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > 携帯電話 > 携帯電話のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ