ナナオ、キャリブレーションセンサ内蔵の27型液晶モニタを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ナナオ、キャリブレーションセンサ内蔵の27型液晶モニタを発売


掲載日:2011/02/01


News

 株式会社ナナオは、68cm(27.0)型カラーマネジメント液晶モニタ「EIZOColorEdge CG275W」を3月23日より発売する。価格は、オープン価格となっている。

 「CG275W」は、高解像度2560×1440ドット表示に対応した27インチ大画面IPSパネルを採用した液晶モニタ。厳密な色管理が求められるデジタルフォト・印刷・映像制作などの現場で利用できる、カラーマネジメント液晶モニタColorEdgeシリーズに追加された。

 モニタベゼルにキャリブレーションセンサを内蔵しているため、キャリブレーション実施時に、外付けのセンサを用意し、取り付け・取り外しする必要がない。工場出荷時に、センサの測定位置(画面上部)と画面中央との相関を取って、キャリブレーション実施時に画面全体が最適になるように調整しているほか、液晶パネルとセンサのばらつきも1台1台調整しているため、精度の高いキャリブレーションを行なえる。

 また、モニタが単体で定期的なキャリブレーションを実施する“セルフキャリブレーション”に対応していて、実施タイミングをあらかじめスケジュール設定することで、作業者不在時やPCの電源がオフの状態でも、モニタが自動で“セルフキャリブレーション”を実行。キャリブレーションにともなう作業者の手間軽減、維持管理コストの削減や業務効率向上を図れる。

 Adobe RGBカバー率97%、NTSC比102%の広色域表示に対応、Rec709・EBU・SMPTE-C・DCIや、Adobe RGB色域を再現できるAdobe RGBモードを搭載しているほか、画面の表示ムラ補正回路、加法混色性能を向上させる“3D-LUT”などColorEdgeの最新技術を搭載し、画面の輝度ムラ・色度ムラの低減を図っている。また、“輝度ドリフト補正”が更に進化していて、電源オンからより短時間で設定輝度に表示を安定させるほか、“ブライトネス自動制御機能”や“温度センシング機能”を搭載、更に、輝度変化にともなう色度変化も抑制している。

 DVI-D 24ピンコネクタとDisplayPort端子を各1系統に加え、10ビット入力に対応したMini DisplayPort端子を搭載している。画面の可動範囲の広い新スタンド“FlexStand 2”を採用しているほか、縦表示対応の専用遮光フードが標準添付されている。また、暗所でもボタンの内容を確認しやすいLEDフロントラベルを搭載しているほか、動画の残像感を低減させるオーバードライブ回路を搭載している。


出荷日・発売日 2011年3月23日 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032924


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ