PEW、遠隔複数拠点の使用量を一括管理するエネルギーモニタ発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


PEW、遠隔複数拠点の使用量を一括管理するエネルギーモニタ発売


掲載日:2011/01/31


News

 パナソニック電工株式会社(PEW)は、遠隔地にある複数拠点のエネルギー使用量をネットワーク経由で収集・一括管理できるエネルギーモニタ「LAN対応ユニット」を2月21日より発売する。価格は、8万4000円(税込)となっている。

 「LAN対応ユニット」は、PEWの各種計測端末機器で計測したエネルギー使用量を収集・蓄積できるほか、LANに接続できる。計測端末機器は最大10台まで接続できる。各拠点のエネルギー使用量を本社などからネットワーク経由で一括監視・閲覧できるため、企業全体での管理を容易に行なえる。収集した計測データはニーズに合わせて“見える化”でき、省エネ活動を支援する。

 また同社は、「LAN対応ユニット」に接続できる1回路用計測端末機器「電力メーターユニット」を2月21日より発売する。


出荷日・発売日 2011年2月21日 発売
価格 8万4000円(税込)

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

ハードウェアの保守期限切れ、それでも使い続けたい企業が取るべき選択肢は? 【ブレイヴコンピュータ】 ソフトウェアライセンス管理「iTAssetEye」 【NTTテクノクロス】 IT資産/セキュリティ統合管理システム ManagementCore 【住友電工システムソリューション】 3社の事例で学ぶ メーカー保守終了後の延命と保守費削減の秘訣とは 【フィールドワン】 EOSL後の延命保守、大型ストレージの場合の注意点と対策 【エスエーティ】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
ハードウェアの保守期限切れ、それでも使い続けたい企業が取るべき選択肢は? 保有、申請、利用、監査の4つのフェーズにおいて、ソフトウェアライセンスの適正な管理機能を提供。違反リスクを低減し、監査業務をサポートする。 資産管理からセキュリティ対策、検疫まで1システムで行える統合管理ツール。
ニーズに応じ段階的な導入が可能。IT資産の把握、監視、統制による健全なシステム環境を実現。
3社の事例で学ぶ メーカー保守終了後の延命と保守費削減の秘訣とは EOSL後の延命保守、大型ストレージの場合の注意点と対策

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032911


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ