PEW、遠隔複数拠点の使用量を一括管理するエネルギーモニタ発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


PEW、遠隔複数拠点の使用量を一括管理するエネルギーモニタ発売


掲載日:2011/01/31


News

 パナソニック電工株式会社(PEW)は、遠隔地にある複数拠点のエネルギー使用量をネットワーク経由で収集・一括管理できるエネルギーモニタ「LAN対応ユニット」を2月21日より発売する。価格は、8万4000円(税込)となっている。

 「LAN対応ユニット」は、PEWの各種計測端末機器で計測したエネルギー使用量を収集・蓄積できるほか、LANに接続できる。計測端末機器は最大10台まで接続できる。各拠点のエネルギー使用量を本社などからネットワーク経由で一括監視・閲覧できるため、企業全体での管理を容易に行なえる。収集した計測データはニーズに合わせて“見える化”でき、省エネ活動を支援する。

 また同社は、「LAN対応ユニット」に接続できる1回路用計測端末機器「電力メーターユニット」を2月21日より発売する。


出荷日・発売日 2011年2月21日 発売
価格 8万4000円(税込)

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

ソフトウェア資産管理ツール「SARMS」 【ARアドバンストテクノロジ】 IT資産統合管理 コア ITAMソリューション 【ギガ+他】 IT資産管理・情報漏えい対策 LanScope Cat 【エムオーテックス】 大規模運用でも低コストなDLP対策――パナソニックグループに学ぶIT統合管理 【ハンモック】 “保守期限切れ”でも機能するなら使う――IT機器の延命が好結果を生む理由 【カーバチュア・ジャパン】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
ソフトウェア資産管理ツール。台帳登録された情報とIT資産管理ツールで収集したインベントリ情報を突き合わせ、適正なソフトウェア資産管理を実現する。 導入実績1500社以上。PC端末からデータセンターまで、幅広いニーズに応えるIT資産統合管理ソリューション。物の管理と固定資産管理の紐づけを行い、資産管理を効率化する。 IT資産管理、操作ログ管理、マルウェア対策、ファイル配布、各種レポートやリモートコントロールなど、セキュリティ対策やIT資産管理に必要な機能を網羅したパッケージ。 大規模運用でも低コストなDLP対策――パナソニックグループに学ぶIT統合管理 “保守期限切れ”でも機能するなら使う――IT機器の延命が好結果を生む理由

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032911


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ