NECDS、インスタレーションモデルなど液晶プロジェクタ4機種発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NECDS、インスタレーションモデルなど液晶プロジェクタ4機種発売


掲載日:2011/01/28


News

 NECディスプレイソリューションズ株式会社(NECDS)は、プロジェクタ「ビューライト」シリーズの新商品として、天吊り設置に対応するインスタレーションモデル「NP-P420XJL」「NP-P350WJL」と、短い距離から大画面投写を行なえる短焦点レンズ搭載モデル「NP-M350XSJL」「NP-M300WSJL」の、計4機種を3月4日より発売する。

 いずれも、使用環境に合わせて選べる、“オートエコ”“エコ1”の2種類のエコモードを搭載している。“オートエコ”では、投写する映像により明るさを自動的に調整し、消費電力を最大で24%低減できる。“エコ1”はランプ出力を下げることで24%の消費電力を削減できるほか、無信号時(ブラックバック選択時)などには、消費電力が最大68%削減される。また、待機時の消費電力は0.2Wと省電力を達成している。

 吸気口に2層構造の大型フィルタを採用したことで、通常の環境であれば、ランプ交換時までフィルタ清掃は不要。市販のUSBケーブルでPCと簡単に接続できる“USBディスプレイ”機能を搭載、ドライバソフト不要でPCの画面を簡単に投写できる。

 「NP-P420XJL/NP-P350WJL」では、設置範囲を広く取れる1.7倍ズームレンズを採用し、垂直レンズシフト機構を搭載している。LANケーブルを接続するか、無線LANユニットを利用することで、ネットワークを利用して、PCからプロジェクタの電源オン/オフなどのコントロールを行なえる。また、添付のアプリケーションソフト「Image Express Utility Lite」や「Image Express Utility2.0」を使用することで、PCの画像を無線で高速に転送してスクリーンに投写できる。「Image Express Utility2.0」では、複数台数のPCを1台のPCで集中管理できる。更に、LAN接続したPCなどに保存された静止画や動画のファイルをネットワーク経由で再生できる。USBメモリなどのメディアを使用せず、PCやサーバのファイルを直接読み込むため、情報漏洩のリスクを軽減できる。

 選択した信号がない場合は、ケーブル差し込み口を確認するガイダンスが画面上に表示される。HDMI入力端子を装備しているため、動画再生機との接続も容易に行なえる。また、「NP-P420XJL/NP-P350WJL」は、スライド式レンズカバーを採用しているため、プレゼンテーションの途中で画面を消したい時は、カバーを閉めることでミュート状態にできる。


出荷日・発売日 2011年3月4日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032882


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ