日本オラクルなど、CRMアプリケーションをAndroid携帯端末に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本オラクルなど、CRMアプリケーションをAndroid携帯端末に対応


掲載日:2011/01/28


News

 日本オラクル株式会社と株式会社情報技術センターは、オラクルのCRMアプリケーション「Siebel CRM」とSaaS型CRMアプリケーション「Oracle CRM On Demand」をAndroid携帯端末に対応させ、「ActiveReporter for Siebel」と「ActiveReporter for CRM On Demand」の提供を開始した。

 今回、両社の協業により、「Siebel CRM」と「Oracle CRM On Demand」の営業支援アプリケーションをAndroid端末からアクセスする仕組みと同端末上で稼働するアプリケーションが構築された。「ActiveReporter for Siebel」と「ActiveReporter for CRM On Demand」では、営業担当者がAndroid携帯端末上で、「Siebel CRM」や「Oracle CRM On Demand」のデータにアクセスしながら、現場での営業活動を支援する。

 顧客情報と案件情報の確認、Googleカレンダーと連携した打ち合わせや業務のスケジュール確認を行なえる。顧客訪問、電話連絡やメール送信による顧客への活動履歴情報を採取し、それらの情報を簡単な操作でCRMシステムのDBに登録して営業日報、分析レポートなどの報告書作成に利用できる。また、GPS(位置情報サービス)を連携させることで、より効率的な情報検索や登録を支援する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

マルチチャネル時代に生きる、コールセンターの新たなCRM戦略 【バーチャレクス・コンサルティング】 デジタルマーケティングの鍵:アジャイル実践のための5つの要素 【SAS Institute Japan】 マイクロソフトが自ら実践、「デジタル変革」の全体像とは 【日本マイクロソフト】 4社の事例で分かる「B2Cデジタル変革」 【日本マイクロソフト】 データ活用時代に生き残るための、新たなデータ分析基盤戦略とは 【システムサポート+他】
CRM CRM CRM CRM CRM
コールセンターの顧客接点は電話やメールだけにとどまらない。顧客にまつわる情報共有を強化し、企業のCRM戦略に生かすためにはどのような環境構築が必要となるのだろう。 デジタルマーケティング戦略の鍵――アジャイルで実践するための5つの要素 マイクロソフトが自ら実践、「デジタル変革」の全体像とは 4社の事例で分かる「B2Cデジタル変革」 データ分析に注目していても、その基盤を整えるためのコストや手間が障壁となっている企業は多い。しかし手の届くDWHがあれば、データ活用時代に競争力を増せるはずだ。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032879


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ