NECがバックアップストレージの新製品を出荷、強化された点とは

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NECがバックアップストレージの新製品を出荷、強化された点とは


掲載日:2011/01/28


News

 日本電気株式会社(NEC)は、バックアップストレージ「iStorage HSシリーズ(HYDRAstor)」で、処理性能の向上と省電力化を図り、クラウドシステムへの対応を強化した2機種を、2月21日より出荷する。

 今回出荷されるのは、ラックモデル「iStorage HS8-30R」とラックレスモデル「iStorage HS8-30S」。従来機「iStorage HS8-20」に比べ、処理性能が最大1.5倍に向上し、バックアップ/リストア処理を高速化できるほか、最大44%省電力化され、消費電力削減が求められる環境に適している。

 運用性も向上し、クラウドシステムへの対応が強化された。セキュリティ機能が強化され、クラウドシステムを提供するデータセンタで同シリーズを共有する複数のユーザが安全に利用できる。また、レプリケーション処理能力が向上し、より効率的なバックアップサービスを構築できる。

 同社のグリッド・ストレージ技術を生かしたシステムの柔軟な拡張性や、重複排除技術による高いデータ圧縮効果、分散冗長配置技術による高い信頼性も備えている。

 なお価格は、ラックレスモデル「iStorage HS8-30S(3.5TB)」が950万円から、ラックモデル「iStorage HS8-30R」が5000万円からとなっている。


出荷日・発売日 2011年2月21日 出荷
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

Commvault 統合データ保護/管理ソフトウェア 【Commvault Systems Japan】 クラウド導入後の「ベンダーロックイン」を回避、バックアップ活用のススメ 【CommVault Systems Japan】 イメージバックアップ/リカバリー ActiveImage Protector 2016 -RE 【ラネクシー】 高速・安定したバックアップインフラを低コストで構築する方法とは 【クエスト・ソフトウェア】 災害時のデータ復旧に自信は持てる? DR対策を効率化するための5つの原則 【CommVault Systems Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
オンプレミス/クラウド環境で、物理/仮想サーバだけでなくノートPCのデータ保護も行え、バックアップ/アーカイブ/レプリケーション/スナップショットの統合管理ができる。 ベンダーロックインを回避 データやワークロードの移植の問題点を解消 稼働中のマシンでも高速・確実にディスク丸ごとバックアップできる。状況に応じて、簡単にディスク全体やファイルをリカバリーでき、さらに仮想化も3ステップで実装可能。 高速・安定したバックアップインフラを低コストで構築する方法とは 実行可能で信頼性の高い「災害復旧」を確立する 5つの原則とは

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032876


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ