AinixのポケットバーコードスキャナがAndroid等に対応、利点は?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


AinixのポケットバーコードスキャナがAndroid等に対応、利点は?


掲載日:2011/01/27


News

 アイニックス株式会社(Ainix)は、韓国Bluebird Soft Inc.のポケットバーコードスキャナ「BI-300」をAndroid OSに対応させ、2月より発売する。価格は、オープン価格となっている。

 「BI-300」は、36mm×85mm×19mmとコンパクトで、バッテリ内蔵で54gと軽量。読み取ったバーコードデータをBluetoothによりリアルタイムに無線伝送できるほか、16MBのメモリを内蔵し、最大10万件のバーコードデータを蓄積できる。

 バーコードに対応したレーザスキャナモデルと、QRコードなどに対応した2次元イメージャモデルが用意されている。リチウムイオンバッテリ(720mAh)を使用していて、満充電で1万5000回の読み取りまたは8時間の動作(2次元イメージャの場合は4時間)が可能になっている。

 従来からWindows XP/7、Windows CE、Windows Mobileに対応していたが、今回Androidに対応したことで、スマートフォン/タブレット端末/PDAなどの汎用デバイスを、バーコードを使用した業務に使用できるようになる。3月初旬にはiPhoneのOSにも対応する予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032850


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ