富士ソフトがセールスフォースとの協業でクラウドサービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士ソフトがセールスフォースとの協業でクラウドサービスを提供


掲載日:2011/01/27


News

 富士ソフト株式会社は、株式会社セールスフォース・ドットコム(セールスフォース)と、付加価値再販(Value Added Reseller:VAR)契約を締結し、クラウドサービスを提供する。

 富士ソフトは、短期間・低コストに開発できる、セールスフォースが提供するサービスを活用して、CRM(顧客管理)の導入や業務システム構築を提供することで、ユーザの営業力強化、業務効率の向上を支援する。また、Google Appsと連携したグループウェアなど、様々な選択肢からユーザに適したクラウドサービスを選択できる。

 まず、保険業のユーザを中心に、セールスフォースが提供する統合型CRMアプリケーションやクラウド基盤プラットフォームを富士ソフトの製品・サービスと組み合わせて提供する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

顧客離反を防ぐ「Customer Experience 3.0」による収益貢献モデル 【セールスフォース・ドットコム】 ウェアラブル端末&スマートデバイス、「肌身のICT」の使い方 【富士通】 CRMソリューション「Visionary」 【フュートレック】 日経人事ウオッチPro 【日本経済新聞社】 デジタルマーケティングの鍵:アジャイル実践のための5つの要素 【SAS Institute Japan】
CRM CRM CRM CRM CRM
顧客離反を防ぐ3つの方法――「Customer Experience 3.0」による収益貢献モデル ウェアラブル端末&スマートデバイス、「肌身のICT」の使い方 ナノ・ユニバースやアトレでも取り組むオーダーメイド型CRMの活用法 もう新聞チェックは不要、6700社・30万人のプロフィールから人事情報を自動収集 デジタルマーケティング戦略の鍵――アジャイルで実践するための5つの要素

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032845


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ