シマンテックなどの中堅企業向けクラウド型ウイルス対策とは?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


シマンテックなどの中堅企業向けクラウド型ウイルス対策とは?


掲載日:2011/01/26


News

 株式会社シマンテックと株式会社富士通マーケティング(FJM)は、中堅市場向けの戦略的なパートナーシップを構築し、中堅企業向けクラウド型ウイルス対策サービス「Business Security Technical Service」(BSTS:ビステス)を1月末より提供する。

 「BSTS」は、富士通株式会社が提供するオンデマンド仮想システムサービスと、シマンテックの企業向けセキュリティソリューション「Symantec Endpoint Protection」を組み合わせたクラウド型サービス。従来のようなウイルス対策管理用サーバ不要で、セキュリティ対策を行なえる。「Symantec Endpoint Protection」では、様々な脅威に対応するための多層防御技術が導入されていて、ウイルスの検出・駆除に加え、標準機能としてふるまい検知や不正侵入防止機能といった技術を組み合わせ、情報の保護を行なえる。

 PC台数の増減に合わせてサービスを利用できるため、必要な時に必要な分だけの月額利用料で使用できる。ウイルス対策管理用サーバが不要なので、システム導入時の初期費用の軽減を図れる。サーバ・PC環境へのウイルス定義ファイルの自動配信やウイルス感染の有無などをFJMが監視し、ウイルスに関する問い合わせはFJMのオペレータが迅速に回答する。感染状況や自動駆除による復旧状況などが月次で報告される。また、ユーザ環境で大規模なウイルス感染が発生した場合は、FJMの専任技術者がユーザを訪問し、ウイルス駆除作業を支援するオンサイトウイルス駆除サービス(追加料金あり)も用意されている。

 なお利用料金は、月額500円(1ユーザID)となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 月額:500円(1ユーザID)

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

エンドポイント可視化で標的型攻撃を検出 【シマンテック】 エフセキュア プロテクション サービス ビジネス(PSB) 【ソフトバンク コマース&サービス】 Kaspersky Security for Virtualization 【Kaspersky Labs Japan】 セキュリティ担当者なら誰もが悩む「3つの課題」の対処法とは? 専門家が議論 【シマンテック】 ランサムウェア対策ソフト 「AppCheck」 【Jiransoft Japan】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
狙われるエンドポイント――サンドボックスをもすり抜ける脅威と、どう戦うか Windows PC、Mac、スマートフォンなど、幅広いデバイスおよびサーバプラットフォームのセキュリティを保護可能な多機能セキュリティソリューション。サンドボックス搭載。 仮想環境に最適化されたアンチマルウェア製品。仮想環境および仮想化されていないエンドポイントやモバイルデバイスも含めた一元管理が可能。 インシデントにどう対処するか。社内の理解をどう得るべきか――。専門家のディスカッションを基に、セキュリティ担当者が抱く課題の解決策を探る。 ランサムウェア対策に特化し、未知のランサムウェアの攻撃からPCを防御するセキュリティソフトウェア。無料評価版ダウンロードにより試用もできる。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032843


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ