ディサークルのポータル型ワークフローシステムの新版とは?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ディサークルのポータル型ワークフローシステムの新版とは?


掲載日:2011/01/25


News

 ディサークル株式会社は、ポータル型ワークフローシステムの新版「POWER EGG 2.0自治体版 Ver2.2」を出荷した。

 「POWER EGG」では、統制強化と業務効率向上の両立を図る上場企業や中堅企業向けに、“気づき”から“行動”を促すプッシュ型ポータル機能やワークフロー機能などを提供する。今回の新版では、ユーザビリティの更なる強化を図り、より使い勝手の良い操作性を備えている。

 ユーザビリティが更に強化されていて、ドラッグ&ドロップによるファイル添付機能が追加されたほか、「POWER EGG2.0」内の情報や、外部URLのブックマーク機能が追加された。情報を簡単に探し出せるよう閲覧履歴画面が追加された。

 ワークフローエンジンが強化され、外部システムとの連携簡易化とエンジン強化が図られた。スマートフォンとの連携強化も行なわれ、POWER EGGリマインダーfor iPhoneが提供されるほか、「POWER EGG」のスケジュールをiPhone/iPadのカレンダーで閲覧できる。iPhone/iPad/Androidでは添付ファイルを閲覧できる(閲覧可能な添付ファイルのファイル形式は、スマートフォンに依存する)。また、動作環境がWindows Server 2008 R2、Oracle11g R2などに対応している。

 ドラッグ&ドロップによるファイル添付を行なえるようなり、複数のファイルを一括添付することもできる(クライアントPCにJava Runtime Environment(JRE)1.6_10以上がインストールされている必要がある)。

 これらにより、運用定着を図れ、業務効率向上や統制強化を図れる。


出荷日・発売日 2011年1月21日 出荷
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ワークフロー」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークフロー」関連情報をランダムに表示しています。

「ワークフロー」関連の製品

OpenCube Workflow 【NTTデータ・スマートソーシング】 コラボフロー 【コラボスタイル】 クラウド型ワークフロー「Gluegent Flow」 【グルージェント】 intra-mart ワークフロー 【NTTデータ イントラマート】 New Concept Integrated WorkFlow 【エヌシーアイ総合システム】
ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー
業務の可視化や改善、内部統制にも使えるソフトウェアパッケージ。 TCOを下げたい企業に最適。
Webフォームのほか、Word、Excelも回覧できる、高機能ワークフローソフト。
Excel帳票をデザインしてWebフォームに変換。申請経路をパズル感覚で簡単設定し、1申請書類から運用が可能なワークフロー。充実の連携パーツで様々なシステム連携も可能! Google Apps for Workまたは、Microsoft Office 365の機能拡張として動作するクラウド型のワークフロー。申請・承認・決裁といった一連のワークフローを簡単な操作で行える。 intra-martのシステム共通基盤型ワークフロー。豊富な機能を持ち、その柔軟なカスタマイズが可能。intra-martの業務アプリケーションや外部システム連携が可能。 強力なヒューマンワークフロー機能、デザイン機能を装備し、短期間・低コストで社内外の各種システム間の柔軟な連携を実現する統合ソリューションを提供。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032811


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ワークフロー > ワークフローのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ