日本IBMのBPM製品に追加されたクリティカル・パス管理機能とは?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBMのBPM製品に追加されたクリティカル・パス管理機能とは?


掲載日:2011/01/21


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は、ビジネス・プロセス管理(BPM)の新製品「IBM WebSphere Lombardi Edition V7.2」の提供を開始した。

 今回の新製品では、業務の流れの図式化や、業務のパフォーマンス監視などの機能に加え、クリティカル・パス(業務プロセスの開始から終了までの全体の流れにおいて、遊び時間のない最長経路)の管理や多言語対応などの新機能が追加され、ユーザの業務プロセスの改善を支援する。

 クリティカル・パスの分析/管理機能が追加されたことで、プロセス内で実行中の各アクティビティーに対し、どこに課題があるか、各プロセスの進捗はどの程度か、など、より効率的にプロセス全体を管理できるようになった。また、実行中のプロセスに関し、そのプロセス完了の期限を変更できるほか、各アクティビティーを調整して、適切なプロセスに修正することなどもできる。

 従来の英語版に加え、日本語を含む13ヵ国語をサポートした。また、同製品で構成したアクティビティーをMicrosoft OfficeやMicrosoft SharePointから直接実行でき、エンドユーザが容易にプロセス改善に参加できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「EAI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「EAI」関連情報をランダムに表示しています。

「EAI」関連の製品

データ連携ミドルウェア 「ASTERIA WARP」 【インフォテリア】 Magic xpi Integration Platform 【マジックソフトウェア・ジャパン】 データ加工・変換ツール 「DataMagic」 【セゾン情報システムズ】 システム間データ連携ソリューション 「DataSpider Servista」 【アプレッソ】
EAI EAI EAI EAI
企業内の様々なデータをノン・プログラミングで高速・簡単に連携するデータ連携ミドルウェア。
5,000社以上への導入実績を持ち、9年連続国内シェアNo.1を獲得。
ノンコーディングでシステム連携を実現する開発環境と実行プラットフォーム。66種/500機能もの多彩なアダプタを装備し、短期間かつ低コストでシステム連携を実現する。 膨大なデータのフォーマット変換、必要なデータの抽出・DBへの格納など、業務に必要なデータ変換をノンプログラミング・低コストで実現するデータ加工・変換ツール 企業内に散在するデータを活用し、素早く簡単に目的とする処理サービスを作るソフトウェア
●プログラミング不要
●開発支援機能、多彩な連携機能、豊富な運用支援機能装備

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032778


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > EAI > EAIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ