採用:塩野義製薬が国内グループ全社に導入した「KWSS」とは?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:塩野義製薬が国内グループ全社に導入した「KWSS」とは?


掲載日:2011/01/20


News

 株式会社Kaspersky Labs Japanは、塩野義製薬株式会社が国内グループ全社に「Kaspersky Work Space Security」(KWSS)を導入したと発表した。

 「KWSS」は、「Kaspersky Anti-Virus for Windows Workstation」「Kaspersky Anti-Virus for Linux Workstation」「Kaspersky Administration Kit」の3つのアプリケーションで構成された製品。ウイルスやスパイウェア、ハッカー攻撃、迷惑メールなど、様々なマルウェアの脅威からノートPCを含むオフィスのワークステーションを保護する。

 塩野義製薬では、2006年からシオノギグループ全体のクライアントPCを一括調達するPCLCM(PCライフサイクルマネジメント)を実施、2010年4月の稼働に向けた更改を機に、国内グループ全社6000台のPCのセキュリティ対策として「KWSS」を採用した。

 2006年4月のPCLCM第1期で採用したウイルス対策ソフトは、2年を経過したあたりから、定義ファイルが大きくなったこともあり、PC起動時や定義ファイル更新時のレスポンスが悪化して業務に支障を来すようになるといった課題を抱えていた。定義ファイル更新時にPCが数十秒フリーズするということも頻繁におきていた。

 新たなクライアント用ウイルス対策ソフトを選定する際には、主に機能要件、パフォーマンス要件、システム管理要件などがあげられ、評価テストを実施した結果、スパイウェア対策も含めたトータルセキュリティ管理を行なえ、リプレース前のシングルコア、搭載メモリ512MBというハードウェアスペックで検証した時に、最もパフォーマンスに影響を与えない、総合的に最も評価の高いツールとして「KWSS」が採用された。

 リプレースによってハードウェアスペックが向上したことに加え、「KWSS」の新しいアンチウイルスエンジンがリソース消費を最適化し、PC起動時間の短縮や定義ファイル更新時のパフォーマンス劣化がなくなったことで、エンドユーザからの苦情もなくなった。一方、システム管理性が向上したことで、運用管理担当者の負担が低減され、運用管理レベルが向上した。また、ウイルスやスパイウェアを検知して管理者側にアラートが通知された際に、管理センタ側で直接ウイルススキャンを行なえるようになったため、エンドユーザの負担も低減された。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

サイバー攻撃への多層防御強化は続けつつ、感染に備えた事後対応 【シマンテック】 Kaspersky Endpoint Security for Businessシリーズ 【カスペルスキー】 Kaspersky Security for Virtualization 【Kaspersky Labs Japan】 ランサムウェア対策ソフト 「RANSOMFILTER」 【Jiransoft Japan】 次世代マルウェア対策「CylancePROTECT」 【日立ソリューションズ】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
サイバー攻撃の高度化と巧妙化から、従来型の対策には限界が見えてきた。多層防御の強化は続けつつ、感染に備えた事後対応も用意したい。どう両立すればよいだろうか。 PC、モバイル、サーバーなどのエンドポイントを幅広く保護し、アプリケーション、デバイス、Web使用を適切に制限するコントロール機能で強固なセキュリティ環境を実現。 仮想環境に最適化されたアンチマルウェア製品。仮想環境および仮想化されていないエンドポイントやモバイルデバイスも含めた一元管理が可能。 ランサムウェア対策に特化し、未知のランサムウェアの攻撃からPCを防御するセキュリティソフトウェア。無料評価版により180日間の試用ができる。 AI技術を利用した、パターンファイルを必要としないマルウェア対策。未知/既知を問わず、マルウェアが実行される前にエンドポイント上で検知・防御する。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032772


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ