保存すると自動で暗号化されるバッファローのUSBメモリとは?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


保存すると自動で暗号化されるバッファローのUSBメモリとは?


掲載日:2011/01/20


News

 株式会社バッファローは、紛失時や盗難時にデータの漏洩を防止するハードウェア暗号化機能を搭載したセキュリティUSBメモリ3シリーズを1月下旬より出荷する。

 今回出荷されるのは、ウイルスチェック機能(3年ライセンス)&ハードウェア暗号化モデルの「RUF2-HSCLTV3」シリーズ、ウイルスチェック機能(1年ライセンス)&ハードウェア暗号化モデルの「RUF2-HSCLTV」シリーズ、ハードウェア暗号化モデルの「RUF2-HSCLT」シリーズの計3シリーズ。

 いずれも暗号化機能を搭載していて、データを保存すると、自動的に暗号化が必ず行なわれるため、暗号化をし忘れるといったミスも防止できる。

 「RUF2-HSCLTV3」シリーズ、「RUF2-HSCLTV」シリーズは、パスワード認証により紛失・置き忘れ・盗難からデータを保護する“情報の秘匿”(ハードウェアによるAES 256ビット方式暗号化により保護)、ウイルス感染による情報流出を防止するウイルスチェック機能(Trend Micro USB Security for Biz)を搭載している。ウイルスチェックパターンファイル更新のライセンスは、「RUF2-HSCLTV3」シリーズが3年(年次更新非対応)、「RUF2-HSCLTV」シリーズが1年(年次更新対応)となっている。

 「RUF2-HSCLT」シリーズは、パスワード認証による“情報の秘匿”(ハードウェアによるAES 256ビット方式暗号化により保護)を搭載している。Windowsに加えMacでも特別なソフトウェアのインストール不要で暗号化機能を使用できる。


出荷日・発売日 2011年1月下旬 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

個人情報検出・管理ソフト 「PCFILTER」 【Jiransoft Japan】 Vormetric暗号化/トークナイゼーション 【タレスジャパン】 ファイルの暗号・持出し管理「NonCopy 2」 【サイエンスパーク】 Windows/Linux 向け暗号化ソリューション SecureDB for SME 【AllthatSoft Japan】 セキュリティUSBメモリ作成ソフト InterSafe SecureDevice 【アルプス システム インテグレーション】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
マイナンバーや個人情報などの重要情報を含むファイルをPCやネットワークドライブから素早く見つけ出し、適切な対処と情報管理を行う。ソフトウェアのほか、SaaSでも提供。 ファイルサーバ・データベース・クラウドといった環境における機密情報の暗号化/トークン化ソリューション。情報漏えいを防ぎ、企業の情報セキュリティを向上する。 サーバやPC内に「金庫(安全な領域)」を作ることで、不正なファイルの持ち出し行為を禁止。USBメモリ、スマートフォン、タブレットなど多様な外部デバイスを制御できる。 DBからの情報漏えい対策に特化した暗号化ソリューション。導入時、DBやアプリケーションの変更が不要。稼働時にパフォーマンスに影響をほとんど与えない。 ・汎用のUSBメモリを、管理コンソールでカスタマイズしてセキュリティ機能をつけたものに変換。
・USBメモリの有効期限超過時にはデータの破棄機能も搭載。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032767


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ