10名から利用できるSaaS型グループウェアのオプション機能とは?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


10名から利用できるSaaS型グループウェアのオプション機能とは?


掲載日:2011/01/20


News

 NECネクサソリューションズ株式会社は、メールや施設予約など、オフィス情報を共有するための機能を備えた、10名から利用できるSaaS(クラウド)型グループウェア「わくわくオフィス」のサービスを開始した。

 「わくわくオフィス」では、グループウェアが基本機能として提供され、SFA(営業支援)/ワークフロー/汎用レポート(DB)の各機能がオプションとして連動する。携帯電話やタブレット型コンピュータからも操作でき、移動先でのメールの確認、スケジュール調整、承認が簡単に行なえる。本人宛の未読メール、未読回覧、未処理の承認依頼などを一目で確認できる“お知らせBOX”も備えている。また、導入ユーザの会社/団体のロゴを画面に組み込めるほか、サービスを停止せずに組織人事変更に対応できる。。様々なログを管理できる管理者機能も用意されている。

 基本機能のグループウェアは、メール/スケジュール/回覧板/掲示板/行き先案内板/施設予約などの機能を備えている。オプションのSFAは、行動分析表/受注予定表/受注確度別受注予定/担当者別商談管理表などの機能を備えている。ワークフローでは、ユーザの環境に合わせた承認ルートの設定が可能。旅費精算/購買申請/仮払申請などの経理系申請から、人事労務などの総務系申請まで、フリーフォームで申請書を作成でき、既存の申請書による業務をそのまま電子化できる。また、顧客情報/商談情報などのレポートを作成するための汎用DBでは、蓄積したい情報にあわせて入力フォームを作成できる。

 なお価格は、オープン価格で、初期費用が各サービスに付き2万円からとなっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

クラウドグループウェアサービス 「desknet's NEO クラウド版」 【ネオジャパン】 intra-mart Accel Collaboration 【NTTデータ イントラマート】 中堅・中小企業向けの統合グループウェア 「サイボウズ Office 10」 【サイボウズ】 Office365導入支援サービス 【マイクロメイツ】 事例で検証! Office 365 はコミュニケーション活性化の切り札か 【大塚商会/日本マイクロソフト】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
グループウェア「desknet's シリーズ」のクラウド版。更に使いやすさを追求した定番グループウェアを圧倒的な低価格で提供。 システム共通基盤「intra-mart Accel Platform」上で動作する社内外情報共有対応のコラボレーション製品。グループウェアの基本機能を中心に、様々なソーシャル機能を提供。 45000社に選ばれた定番グループウェア。ユーザ権限や部署により使用機能を柔軟に設定したり、欲しい機能をスクラッチ開発せずに追加できるカスタムアプリも活用できる。 ナレッジを生かした多彩なサービスメニューにより、Office365および関連製品の導入を支援。マニュアルや教育コンテンツの作成、教育・サポートといった定着支援に強み。 事例/ Office 365で変えていく。社内コミュニケーションの質と量

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032761


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ