PCの出力を最長1Km延長できるジャパンマテリアルの製品とは?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


PCの出力を最長1Km延長できるジャパンマテリアルの製品とは?


掲載日:2011/01/20


News

 ジャパンマテリアル株式会社は、PCからの出力を最長1Km延長し、最大8台のモニタの遠隔操作を行なえる、加Matrox社が開発した出力延長ユニット「Matrox Extio F2408」を発売した。価格は、オープン価格となっている。

 「Extio F2408」は、モニタ出力とユーザインターフェース機能を搭載し、最長1km離れた場所にあるPCと光ファイバケーブルで接続することで、4台までのモニタに出力できる。また、オプションの「Extio F2408 Expander」ユニットを使用することで、最大8台のモニタに出力できる。最大解像度は2560×1600ドット(DisplayPort)、1920×1200ドット(デジタル/アナログ)に対応していて、モニタの表示を回転させて、縦型表示も行なえる(アナログ出力にはDisplayPort→アナログ変換ケーブルが別途必要)。

 USB 2.0コネクタを5つ装備していて、マウス、キーボード、カメラなどの周辺機器に接続して、PCから離れた場所で操作できる。各種音声入出力にも対応している。“Matrox Bezel Management”機能を備えていて、複数のモニタにまたがって画像をオーバーレイ表示する場合に、モニタのフレーム部分で画像がずれないように、フレームの幅の分だけ画像をずらして表示し、フレームの裏側で画像がつながっているように表示できる。

 “Matrox PowerDesk”を利用することで、柔軟なマルチモニタ設定を行なえ、使用するモニタ数や縦/横表示、ストレッチモード、クローンモードなどのマルチモニタ構成の設定や、“Bezel Management”の設定も簡単に行なえる。また、Windows 7に対応していて、Windows Aero(WDDMモード)表示にも対応している。



出荷日・発売日 2011年1月20日 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032757


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ