IIJがDNSサービスをセキュリティを向上させる“DNSSEC”に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


IIJがDNSサービスをセキュリティを向上させる“DNSSEC”に対応


掲載日:2011/01/20


News

 株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は、DNSアウトソースサービスなどの各種DNSサービスを、DNS(Domain Name System)のセキュリティを向上させるための拡張方式“DNSSEC”(DNS Security Extensions)に1月31日より対応させる。

 “DNSSEC”は、電子署名を応用し、DNS情報改ざんの有無を検証する仕組みで、秘密鍵と公開鍵を使用して、DNSの完全性を検証できるため、DNSの仕組みを悪用したセキュリティ脅威に対しても有効な手法だと考えられていて、世界各国で“DNSSEC”への対応が進んでいる。

 “DNSSEC”に対応したサービスを利用することで、専門的な知識不要で、DNSサーバをより手軽にセキュアな状態に保てる。“DNSSEC”は世界的にも普及が始まったばかりで、導入に関する技術情報やノウハウが少ないため、ユーザ企業が対応する場合に比べ、より確実・簡単に“DNSSEC”への対応を行なえる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の製品

行動分析ソリューション「察知くん-G」 【ギガ+他】 GDPRの重要課題:「プライバシー原則」違反となり得るモバイルの脅威とリスク 【ルックアウト・ジャパン】 サイバー攻撃対応BCPソリューション 【日立ソリューションズ】 これからのインフラ構築の“新標準”、「高セキュリティHCI」を解剖する 【トレンドマイクロ株式会社】 多層防御では防ぎきれない――3つの無害化でエンドポイントを脅威から守る方法 【アシスト】
その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連
企業内のログデータや管理情報を統合的に分析し、不正につながる従業員の行動(リスク行動)をAIが検知し、アラート・分析レポートを提供する。 GDPRの重要課題:「プライバシー原則」違反となり得るモバイルの脅威とリスク サイバー攻撃に特化したBCPの計画・実施・運用・復旧計画までサポート。セキュリティ専任のコンサルタントが脅威分析から行動基準の策定まで支援する。 インフラ構築時の重要課題、“後付けセキュリティ”の弊害とは? 多層防御では防ぎきれない――3つの無害化でエンドポイントを脅威から守る方法

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032751


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ