APCジャパンの上下二分割型コロケーションラックとは?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


APCジャパンの上下二分割型コロケーションラックとは?


掲載日:2011/01/18


News

 株式会社エーピーシー・ジャパン(APCジャパン)は、データセンタ事業者向けに、上下二分割型のコロケーションラック「NetShelter SX Colocation」を発売した。価格は、30万円となっている。

 「NetShelter SX Colocation」は、スペース効率が高くデザイン性に優れ、APC製の冷却装置・電源・ケーブルマネジメント製品と連結してデータセンタインフラの効率化をサポートする、ラックシリーズ「NetShelter SX」の新製品。幅600mm×奥行き1070mm×高さ1991mmで、上段・下段各20u(1u=44.45mm)を異なる企業に貸し出すことを想定して設計されていて、上段・下段のマウンティングレールを個別に移動できるため、利用企業ごとに奥行きを調整できる。

 セキュリティに関しては、フロントとリアドアに、3桁の暗証番号を組み合わせて使用するコンビネーションロックハンドルを上段・下段個別に設置している上、背面のケーブルチャネルにはセキュリティカバーが施されていて、他社のケーブルへのアクセスを防止する。また、別売りのハーフサイズのケーブル収納用ブラケット「AR7710」、ラックマウントPDU「AP8858」も上段・下段個別に取り付けられ、企業ごとに電源管理を容易に行なえる。IT機器・電源・ケーブルなどラックに搭載する機器・設備を上下に分離して利用できるため、ラック上下で異なる企業が使用した場合でも、十分なセキュリティと利便性を確保できる。



出荷日・発売日 発売済
価格 30万円

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データセンター運用」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データセンター運用」関連情報をランダムに表示しています。

「データセンター運用」関連の製品

System Center 2012 【日本マイクロソフト】 俊敏で効率的なIT基盤コンポーザブル・インフラストラクチャ 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】
データセンター運用 データセンター運用
従来型サーバー/データセンタ/プライベートクラウド/パブリッククラウド/クライアント・デバイスをカバーする、IT基盤構築と運用のための統合された管理基盤 第3のプラットフォーム提唱企業が解説 コンポーザブル・インフラ

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032726


IT・IT製品TOP > データセンター > データセンター運用 > データセンター運用のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ