第2世代Coreを搭載したパソコン工房のBTOミニタワーPC、特長は?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


第2世代Coreを搭載したパソコン工房のBTOミニタワーPC、特長は?


掲載日:2011/01/18


News

 株式会社ユニットコムは、“パソコン工房”ブランドのBTO(Build To Order)ミニタワーPC「Amphis BTO MN5シリーズ」で、第2世代Coreプロセッサを搭載した2製品を発売した。

 今回発売されたのは、Core i5-2400を搭載した「Amphis BTO MN510iCi5」、Core i7-2600とGeForce GTS 450を搭載した「Amphis BTO MN510iCi7 TYPE-SRX」の2製品。ケースには拡張性とメンテナンス性を両立させた、剛性の高いモデルを採用している。また、更に高速なプロセッサやHDD・SSDへの変更が可能な受注後生産システムを採用していて、オプションで3年間保証も選択できる。


出荷日・発売日 2011年1月14日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032715


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ