利便性を更に向上させたマイクロリサーチの拠点間ハブ装置とは?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


利便性を更に向上させたマイクロリサーチの拠点間ハブ装置とは?


掲載日:2011/01/14


News

 株式会社マイクロリサーチは、レイヤ2VPN(拠点間ハブ)装置の従来製品「UnifiedGate304」をベースに、利便性、パフォーマンスを向上させた「UnifiedGate」シリーズ2機種「UnifiedGate1005」「UnifiedGate404」を1月末より発売する。

 「UnifiedGate」は、インターネット網や地域IP網を利用し、ハードウェア機器で広域イーサネットサービスと同様の機能を備えている。今回発売される「UnifiedGate1005」は、高い処理能力を備え、センタ拠点にも適したハイエンドタイプで、「UnifiedGate404」は、コストパフォーマンスに優れた、クライアント拠点に適したスタンダードタイプ。「UnifiedGate1005」は、WAN/LANともにギガビットイーサネットに対応し、EtherIPトンネル時最大約600Mbps、IPsecトンネル(暗号モード:AES)時最大約160Mbpsのスループット性能を備えている。

 レイヤ2VPNの利便性を更に向上させるため、“IPsec NATトラバーサル機能”“リモート・リンク・アグリゲーション機能”などに対応している。“IPsec NATトラバーサル機能”に対応しているため、既にルータが設置されているネットワーク環境でも、ルータの設定変更不要で、容易に設置・運用できる。また、“リモート・リンク・アグリゲーション機能”に対応していて、「UnifiedGate」を2台設置(別途リンク・アグリゲーション機能対応のL2スイッチが必要)し、2本のブロードバンド回線を束ねて利用することで、通信帯域の増大、回線の冗長化を行なえる。

 固定IPアドレス設定、PPPoEクライアントなどに対応しているため、様々なブロードバンド回線で利用できる。WAN側がIPv6に対応していて、IPv4ネットワークを介したレイヤ2VPNに加え、IPv6ネットワークを介したレイヤ2VPNを構築できる。また、フルメッシュ型とスター型の拠点間接続トポロジに対応しているほか、EtherIP、IPsec(NATトラバーサル)の2種類のトンネル方式に対応している。ダイナミックDNSサーバ/クライアントの両方に対応している。

 http(WWWブラウザ)によるGUI設定、telnetによるCLI設定、SNMPエージェント機能を搭載し、遠隔地からもメンテナンスを行なえるほか、IPアドレスフィルタ、機器設定保護フィルタ、MACブロードキャストフィルタ、MACマルチキャストフィルタ、MACアドレスフィルタ機能といったセキュリティ機能を搭載している。また、RoHS指令に準拠している。


出荷日・発売日 2011年1月下旬 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「インターネットVPN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「インターネットVPN」関連情報をランダムに表示しています。

「インターネットVPN」関連の製品

Clovernet Standard 【NECネクサソリューションズ】
インターネットVPN
専用線と同等水準の信頼性を確保しながら、バックボーンに公衆網を利用、優れたコストパフォーマンスを実現したインターネットVPNサービス。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032689


IT・IT製品TOP > 通信サービス > インターネットVPN > インターネットVPNのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ