実ブラウザを利用したWebサイトの表示速度測定サービスとは?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


実ブラウザを利用したWebサイトの表示速度測定サービスとは?


掲載日:2011/01/13


News

 株式会社フォワードネットワークは、URLを指定することで、Webサーバからのレスポンス時間、実ブラウザInternet Explorer(IE7、IE8対象)の画面への表示時間を自動的に計測するサービス「TrafficReal Response(TRR)」の提供を開始した。

 「TRR」は、日本国内のデータセンタに設置されていて、計測したい時間帯を対象に1ヵ月間または2ヵ月間など継続して自動計測を行なえる。実ブラウザInternet Explorerを使用しているため、ブラウザの表示完了時間まで計測できる上、実際のエンドユーザのPC環境(光回線、ADSL回線、ダイヤルアップ)もエミュレートできるため、ユーザの実際の体感速度をリアルに計測できる。

 複数のURLを羅列することで、指定されたURLのサイトのダウンロード速度、Internet Explorerへの画像描画・表示速度を自動的に連続計測する。Flashなどのブラウザ表示時間の計測も行なえ、URLの指定の個数は、100個、1000個など多数指定できる。また、サーバからのダウンロード時間やブラウザへの表示速度を計測する際に、個々のURLに対してブラウザのキャッシュを削除する/削除しないを指定できるほか、TOPページから配下のURLに順次アクセスする場合など、エンドユーザの操作感覚に近いレスポンス時間の計測を行なえる。

 URL間の実行時間間隔を個別に指定でき、負荷テストを行なった場合に、バーチャルユーザ数の増加とともに、サーバからのダウンロード時間や実際のブラウザでの画像描画・表示速度がどのように遷移していくかを把握できる。また、計測結果は、Excel形式で提供されるため、データ分析を行ないやすい。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「パフォーマンス診断」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「パフォーマンス診断」関連情報をランダムに表示しています。

「パフォーマンス診断」関連の製品

健康診断と同様に仮想化基盤を明快に判定「仮想化健康診断」 【ソフトバンク コマース&サービス+他】
パフォーマンス診断
知らないうちに肥大化する仮想サーバ。放置するとリソースがすぐに枯渇する。この問題を解決するには定期的な“健康診断”が必要だ。実績豊富なサービスを紹介しよう。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032670


IT・IT製品TOP > 運用管理 > パフォーマンス診断 > パフォーマンス診断のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ