ISIDの海外進出製造業向けSaaSポータルサービスの第1弾とは?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ISIDの海外進出製造業向けSaaSポータルサービスの第1弾とは?


掲載日:2011/01/05


News

 株式会社電通国際情報サービス(ISID)は、国内外に設計・生産拠点を持つ製造業向け「次世代ものづくり基盤」の第1弾として、「クラウド型PDM(設計情報管理)サービス」と「デジタル著作権管理サービス」を、2011年春より提供する。

 「次世代ものづくり基盤」は、製品開発・設計から生産管理までの業務プロセスを支援する複数のSaaSを統合的に利用できるSaaSポータルサービス。協力企業も含めた複数の拠点間における各種SaaSをオンデマンドで導入し、それらをクラウド上で連携させて利用できる。クラウドを活用することで初期投資コストを抑制できる上、業務量に応じて月ごとの利用契約数を最適化することで運用コストも低減できるため、グローバルな事業展開にともなうIT投資負担の軽減を図れる。

 今回提供される「クラウド型PDMサービス」は、株式会社コアが開発したPDMパッケージ「e-OpenPDM」をISIDがクラウド向けに拡張したもの。製品構成情報(部品表)を中核にした製品設計情報の一元管理や、各拠点共通のワークフロー定義による業務プロセスの平準化を図れる。リアルタイムに最新設計情報を共有することで、伝達ミスにより古い設計情報で作業を進めてしまうといったトラブルを回避できる。PDMシステムを保有していない協力企業にもPDM環境を公開でき、企業を越えて業務プロセスの整流化を図れる。これにより、作業指示の手間や作業進捗の問い合わせ回数、国内外の出張コストを削減できる上、生産準備/生産工程で見つかる不具合/改善要項のフィードバックを確実に行なえる。また、ISIDが業務フローテンプレートを開発・提供するため、迅速にPDM環境を構築できる。

 「デジタル著作権管理サービス」では、台湾TrustView社が開発した「TrustView」ソフトウエアがSaaSとして提供され、デジタル図面や設計技術情報のデジタル著作権を保護できる。中国でも認可された次世代標準暗号AES(Advanced Encryption Standard)アルゴリズム・256ビット鍵を使用していて、技術文書と図面の漏洩を防止できる。なお、中国で利用する際の国家暗号管理局への申請作業の代行サービスも予定されている。

 今後、業種別標準業務フローテンプレートや全文検索機能が追加されるほか、環境情報管理/生産スケジューラ/SCM/会計など様々な機能が提供される予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PLM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「PLM」関連情報をランダムに表示しています。

「PLM」関連の製品

PLMソリューション「Obbligato III」 【NEC】 PLM/PDMソリューション「OpenPDM 核」 【コア】
PLM PLM
さまざまな技術情報を統合管理し、グローバル開発における製品情報共有基盤を構築。
電機・機械を始め幅広い業種の企業で採用されている国内トップシェアのPLM製品。
BOMの管理、設計成果物の管理、承認情報の管理など、PLM/PDMとして必要な機能を実装し、小規模での導入も可能なPLM/PDMソリューション。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032605


IT・IT製品TOP > 情報システム > PLM > PLMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ