日本IBMのグローバルなパブリック・クラウド4種、各々の特長は?

IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIのITニュース > ニュース詳細
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBMのグローバルなパブリック・クラウド4種、各々の特長は?


掲載日:2011/01/05


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社は、グローバルで統合化された基盤を活用したパブリック・クラウド・サービス4種を、3月(予定)より順次提供する。

 アプリケーションの開発・テスト環境を提供する「IBM Smart Business 開発&テスト・クラウド・サービス」では、仮想CPU/仮想メモリ/仮想ディスク/ソフトウェアなどをメニューから選択することで、10分程度で仮想マシンを利用できるようになる。また、開発ツール「Rational」やWebアプリケーション基盤「WebSphere」、DB管理ソフト「DB2」、サードパーティ製ソフトウェアなどについて、構成・テスト済みのひな型が標準で提供される。これらをカスタマイズすることで、ユーザ企業の標準の仮想サーバを迅速に展開できる。

 PC上の業務環境を仮想クライアント環境として提供する「IBM Smart Business デスクトップ・クラウド・サービス」では、サーバ上の仮想デスクトップ環境(VDI)でPC上のアプリケーションを稼働させることができ、柔軟性の向上や運用作業の効率化、セキュリティの強化を図れる。出張先のモバイル型端末などからでもVDIにアクセスできる。管理用ポータルを使って、社員の異動時や入社時に、デスクトップ環境を簡単かつ安全に追加・変更できる。また、Citrix XenDesktopのHDXテクノロジーを搭載し、エンドユーザ端末の性能に関係なく優れたグラフィックなどを利用できる。

 「IBMのクラウド・アプリケーション開発サービス」では、クラウドを活用したアプリケーション設計・開発やSaaSモデルによるサービス提供を図る企業に対し、ビジネス上の要件分析、アーキテクチャ設計、組織や体制のあり方、実現へ向けてのロードマップ作成などを支援する。

 「IBMクラウド・テスト・サービス」では、実際の物理的なテスト環境をクラウド上のソフトウェア環境上にシミュレーションすることで、物理的な環境に非依存でテストを行なえる。仮想モデルを作成して自動的にシステム環境の情報やアクセスのルールを取得し、外部システムとの接続テスト実施に必要なシミュレーション環境を用意するため、あたかも実システムと接続しているように動作し、効率的なテストを支援する。更に、複数の仮想テスト環境を短期間で構築できるため、他システムの可用時間を気にせずにテストできる。IBMがパフォーマンステストを支援するサービスも用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「日本アイ・ビー・エム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「VDI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「VDI」関連情報をランダムに表示しています。

「VDI」関連の製品

アセンテック仮想デスクトップソリューション 【アセンテック】 クラウド型仮想デスクトップサービス NEC Cloud DaaS 【NEC】 ANAの大規模IT再構築“働き方改革”プロジェクトを追って分かった効果 【新日鉄住金ソリューションズ+他】 EUCに失敗しないためのVDI環境構築術、5つのポイントで要件を見極める 【日商エレクトロニクス】 VDI導入/運用のTCOを大幅削減、拡張性に優れた次世代型「VDI2.0」の実力は? 【日商エレクトロニクス】
VDI VDI VDI VDI VDI
1次代理店として取扱うCitrixソリューション、「Dell Wyseシンクライアント」などに設計/構築を加えたVDIソリューション。 「NEC Cloud DaaS」は、ビジネスシーンに必要な機能を豊富なオプションラインナップで提供する。
クラウド基盤やハウジングとのシームレスな連携も可能。
ANAの大規模IT再構築“働き方改革”プロジェクトを追って分かった効果 EUCに失敗しないためのVDI環境構築術、5つのポイントで要件を見極める VDI導入/運用のTCOを大幅削減、拡張性に優れた次世代型「VDI2.0」の実力は?

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032602


IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ