パッケージで一括提供されるNECの遠隔コミュニケーション製品は

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


パッケージで一括提供されるNECの遠隔コミュニケーション製品は


掲載日:2011/01/05


News

 日本電気株式会社(NEC)は、企業のワークスタイル改革を促進する遠隔コミュニケーション製品「UNIVERGE VC3000」シリーズを、2月より出荷する。

 「UNIVERGE VC3000」シリーズでは、遠隔地のメンバーとあたかも対面しているような臨場感を提供する“テレプレゼンス”に必要な中央制御システム、映像・音声コーデック装置、ディスプレイ、HDカメラ、マイク・スピーカーなどがパッケージ化されて一括提供される。映像・音声コーデック装置には、多地点HDビデオ会議システム「NC1000-MV」が使用される。

 短期間で容易にテレプレゼンスを導入できるほか、NGN回線を使用するため、高速で高品質、更にコストパフォーマンスに優れた遠隔コミュニケーションを行なえ、業務効率の向上、コストや環境負荷の低減、更には企業間コラボレーションの促進などを図れる。

 タッチパネル式の操作端末を利用することで、直感的な簡単操作を実現できるほか、大画面タッチパネル式IP電話機「UNIVERGE IP Phone DT750」を操作端末として利用できる。今後、操作端末のラインアップは順次拡大される予定。

 会議映像用の2画面と資料共有用の1画面、計3画面で、資料共有機能を標準搭載しているため、共有資料の見やすさと、参加者の視線を合わせた臨場感を合わせて実現できる。また、追加パッケージを利用することで、1拠点単位で追加できるほか、オプションで書画カメラ機能が用意されていて、紙資料なども共有できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

「日本電気」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「テレビ会議/ビデオ会議」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「テレビ会議/ビデオ会議」関連情報をランダムに表示しています。

「テレビ会議/ビデオ会議」関連の製品

Pexip Infinity(ペクシプ インフィニティ) 【VTVジャパン】 テレビ会議システム V-CUBE Box 【ブイキューブ】 海外企業で拡大中!「15分会議」成功の秘訣 【ポリコムジャパン】 テレビ会議システム EVCシリーズ 【アバー・インフォメーション】 マネージド・コラボレーションサービス COLLABO de! World 【IIJグローバルソリューションズ】
テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議
各種端末やWebRTC対応ブラウザ、UCツールからの接続に対応したメディアプラットフォーム。誰もが自由に利用できるテレビ会議環境を低コストで提供する。 リモコンで操作ができる会議室設置型のテレビ会議システム。低コストながら高画質・高音質を実現しているため、既存テレビ会議システムのリプレースや拡張にも適している。 ◎場所や端末を問わず利用できるリモート会議ソリューション
◎視覚や聴覚に訴えるリモート会議で、短時間での意思決定を支援
ハイコストパフォーマンス、高画質を特長とするテレビ会議ソリューション。単拠点モデル、多拠点モデルを展開。H.323、SIPプロトコルに準拠。 Skype for Businessのユーザーは、端末側の設定変更や専用ソフトウェアを追加することなく、COLLABO de! Worldのビデオ会議に参加することが可能。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032594


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > テレビ会議/ビデオ会議 > テレビ会議/ビデオ会議のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ