KDDIなどの緊急連絡/安否確認SaaSが料金改定、いくらになった?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


KDDIなどの緊急連絡/安否確認SaaSが料金改定、いくらになった?


掲載日:2011/01/05


News

 KDDI株式会社は、同社が提供する企業向けSaaS型ソリューションサービス「Business Port」上でインフォコム株式会社が提供するSaaS型緊急連絡/安否確認サービス「エマージェンシーコール/Business Port」の料金が改定されたと、発表した。

 「エマージェンシーコール/Business Port」では、災害時に社員の安否を確認できるほか、緊急時に人員を招集するための一斉緊急連絡を行なえる。SaaS型なので設備構築や複雑な設定は不要で、災害時に加え日ごろの訓練にも手軽に利用できる。

 今回、大規模な導入でも利用しやすいよう、初期費用が21万円、月額基本料が100 ID以下で4万2000円、2001〜4000 IDで16万3800円、1万6001〜2万 IDで71万4000円(いずれも税込)などに改定された。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「安否確認システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「安否確認システム」関連情報をランダムに表示しています。

「安否確認システム」関連の製品

緊急通報・安否確認システム セーフティリンク24 【イーネットソリューションズ】 緊急連絡・安否確認システム 【NEC】
安否確認システム 安否確認システム
実績のある安否確認システム。気象庁の地震情報との連動はもちろん、有事の際の情報発信から社員とその家族も含めた迅速な安否確認、二次連絡まで行なえる。 ◎東日本大震災の被災経験を活かして開発。
◎災害発生時の非常事態を考慮し、シンプルな機能&簡単操作で安否確認を実現。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032587


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 安否確認システム > 安否確認システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ