スケールアウトストレージなどを実現するISIのソフトウェアとは

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


スケールアウトストレージなどを実現するISIのソフトウェアとは


掲載日:2011/01/05


News

 株式会社インテックシステム研究所(ISI)は、スケールアウトストレージなどを実現するPaaS(Platform as a Service)ソフトウェア「EXAGE(エクセージ)」の使用許諾ライセンスを2月1日より提供する。

 「EXAGE」では、システムやサービス拡張・維持に費やす莫大なコスト、障害発生時に避けられなかったダウンタイム、アクセス集中によるサービス遅延といった課題に対処できる。

 また同社は、「EXAGE」の使用許諾の第1弾として、巨大ファイルを扱う企業、コンテンツホルダー・ディストリビューター、サーバ仮想化ソリューションを利用する企業、データセンタ運用を行なう企業など向けに、多数の廉価なIAサーバとスイッチを使用して、巨大な1つのコンピュータ資源として利用できる、スケールアウト型ユニファイドストレージソフトウェア「EXAGE / Storage 2.0」を発表した。

 サーバを増加することで格納容量と処理性能を拡張できるほか、大きなファイルでも分割して並列処理することで高速に読み書きを行なえる。また、1つのデータが常に複数個所に存在しそれを自動で維持・拡大することで自律的にフェイルオーバによる障害回避、リビルド、再配置によるデータ冗長性の維持を図れる。拡張性は、「EXAGE」を構成するアクセスサーバを増やすことでファイルI/Oを分割し、トータルのパフォーマンス向上を図れるほか、コアサーバを増やすことで格納容量を拡大できる。

 利用するIAサーバの台数に対して月額で使用料が請求される“使用料型月額ライセンス”で提供され、使用料金は利用したサーバ台数分の従量型で、1ヵ月1台あたり1万700円となっている。また、IAサーバ製品をラインアップしているハードウェアベンダ向けのライセンスも、別途用意される。

 今後、「EXAGE」では、NOSQL(Not Only SQL)を実現する新しいデータ処理プラットフォーム「EXAGE / database」、マルチテナント、多地点データセンタ接続などを可能にする「EXAGE / storage 3.0」、様々なアプリケーション開発を支援する「EXAGE / Software Development Kit」といったラインアップが提供される予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032577


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ