特権ID管理の作業負担を削減できるNTTソフトウェアの製品とは?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


特権ID管理の作業負担を削減できるNTTソフトウェアの製品とは?


掲載日:2011/01/05


News

 NTTソフトウェア株式会社は、「特権ID管理ソリューション」の機能強化を行ない、ログ取得、申請・突合レポートを行なえる新コンポーネント「ACTCenterAC」を、1月31日より発売する。価格は、400万円からとなっている。

 「ACTCenterAC」では、特権ID利用者が管理対象サーバにアクセスした履歴(ログオン/ログオフ履歴)の取得を行なうとともに、特権ID利用申請時のサーバへのアクセス予定情報と実際のアクセス履歴の突合せ処理を自動的に行なうことで、特権IDの利用申請のない時間帯のアクセス履歴など、不正なアクセス情報をレポート出力し、管理者によるモニタリング作業の負担軽減を図る。

 「特権ID管理ソリューション」の既存機能の“作業申請/承認”“ID貸し出し”“作業(認証)”“事後作業(たな卸し)”に加え、“ログ収集“と“ログ監査”といったモニタリング機能を強化することで、特権IDの管理作業コストの低減を図れる。

 サーバへのアクセス申請/承認情報と、実際のアクセス履歴の情報を一括取得できるため、特権IDのモニタリングに必要な証跡を一元管理できる。モニタリングのログ確認作業をシステム化することで、管理者は、自動チェックした結果を確認するだけで済むため、モニタリング作業漏れの防止を図れる。また、サーバ利用申請情報とアクセスログの突合せが自動化されることで、大量のサーバからのアクセスログ収集や、その後の確認が容易になり、モニタリングレポート作成までに必要な時間の削減を図れる。


出荷日・発売日 2011年1月31日 発売
価格 400万円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

クラウドサービスを積極的に活用するための「CASB」入門 【サイバネットシステム株式会社】 特権ID管理 iDoperation(アイディーオペレーション) 【NTTテクノクロス】 ユーザーID棚卸ソリューション 「アカンサス」 【NTTテクノクロス】 ID・アクセス管理 「Identity Governance & Administration」 【EVIDIAN-BULL JAPAN】 高度化する脅威に大幅なパフォーマンスアップで対抗 【ソニックウォール・ジャパン】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
クラウドサービスを積極的に活用するための「CASB」入門 申請と承認に基づく特権IDの貸し出しと、利用状況の点検・監査(申請とログの突合せ)に対応する特権ID管理製品。監査対応、特権ID管理の効率化、セキュリティ強化を実現。 これまで手作業で行ってきた業務システムのID棚卸作業を自動化するソリューションである。 デジタルアイデンティティ管理機能、拡張RBACモデルによるロールベースのアクセス管理機能等を提供するオールインワンのID管理ソリューション。 サイバー攻撃の技術は進化している。例えばSSLを使っていれば大丈夫、といった常識も今では時代遅れだ。今必要な防御の具体策について考える。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032576


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ