VMware環境内のバックアップ管理を簡素化するシマンテック製品は

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


VMware環境内のバックアップ管理を簡素化するシマンテック製品は


掲載日:2011/01/05


News

 株式会社シマンテックは、Symantec Backup Exec 2010のユーザ向けに、VMware vCenter Serverに対応した管理プラグイン「Symantec Backup Exec Management Plug-in for VMware」を2011年初旬(予定)より提供する。Backup Exec VMware Virtual Infrastructureエージェントを使用しているユーザは、無料で使用できる。

 「Symantec Backup Exec Management Plug-in for VMware」は、VMware vSphere内のvCenter Serverに統合された監視機能を提供し、VMware仮想環境を保護する際のリスクと複雑さの軽減を図れる。仮想マシンを包括的に表示し、そのバックアップの詳細を顕在化して、VMware仮想環境下のバックアップ管理の複雑さを軽減できる。

 Backup Execの中核の仮想化機能と連携して、VMware vCenter ServerのためのVMware vSphere Clientからすべての仮想マシンの保護状態の一覧を表示する。表示される内容は、最後に実行されたバックアップと次回予定されているバックアップ、バックアップの種類(完全、増分、差分)とジョブ名、バックアップのジョブログにある特定情報、保護されていない仮想マシンのようなリスクになっている。

 これらにより、ユーザは時間の節約を図れ、仮想環境で保護されていないデータのリスク軽減を図れる。また、コスト削減と管理の容易さを備えているほか、保護されていないワークロードが新たに仮想環境に導入される可能性の軽減を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

緊急時に頼るバックアップだからこそ速さと安定 Rapid Recovery 【クエスト・ソフトウェア】 クラウド対応バックアップ製品で物理・仮想環境を一元管理 【ベリタステクノロジーズ】 Arcserve Unified Data Protection 【Arcserve Japan】 仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】 Windows/Linuxの仮想/物理/クラウド対応【Arcserve UDP】 【Arcserve Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
2016年4月の熊本地震発生の前に、バックアップ環境の強化に取り組んでいたある組織が、震災発生後に安心して事業継続に取り組むことができた理由とは。 3ステップで簡単設定可能 バックアップ運用負荷を圧倒的に削減 クラウド環境へのバックアップ、成否を”占う”ツールとは? 稼働中サーバーを確実・高速にバックアップするネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。 導入から運用までとにかく簡単。データ量が増加する仮想化基盤に強く、仮想ホスト単位でわずか8万円という低価格で、災害対策まで実現できるイメージバックアップ製品。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032571


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ