サイバネットの操作マニュアル・IT教材作成ツールの新版とは?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サイバネットの操作マニュアル・IT教材作成ツールの新版とは?


掲載日:2011/01/04


News

 サイバネットシステム株式会社(サイバネット)は、インドEpiance Software Pvt. Ltd.が開発した操作マニュアル・IT教材作成ツール「epiplex500(エピプレックス)」の新版「R7.0」を、1月14日より発売する。

 「epiplex500」では、業務システムの操作マニュアルや教育/e-ラーニングの教材作成など、ITシステムを活用した実業務パフォーマンスの支援、業務プロセス測定・分析を行なえる。今回リリースされる「R7.0」では、.NETアプリケーションのサポートを含むキャプチャ機能が刷新されているほか、編集機能の改善・強化が行なわれ、説明文章やアニメーションに加え、ビデオファイルや音声ファイルの挿入が可能になった。

 新たなオプションとして、「epiplex500」で作成されたコンテンツ(epiLearn、アセスメントなど)に対して、トラッキング&レポーティングする機能を備えた「epiTrackerサーバ」が提供される。

 キャプチャ機能が拡充され、Sliverlightを含む.NETアプリケーションをキャプチャできるようになり、Internet Explorerのキャプチャを停止せずに、Internet Explorerに埋め込まれたSilverlightのコンポーネントをキャプチャできる。また、Microsoft Office 2007のキャプチャ・出力が可能になった。

 編集機能の改善・強化が行なわれ、ビデオファイルの添付を行なえるようになったほか、Processエディタでステップに対して音声を録音したり添付できる。個人情報などを含む画面イメージをマスキングする際、同じような画面がある他のステップの同じ領域を自動的にマスキングできるようになったほか、新たに対応言語が5つ(ノルウェー語、ポーランド語、ロシア語、トルコ語、チェコ語)追加された(日本語、英語以外の言語はオプション)。

 その他ライセンス管理システムが変更され、ライセンス管理をユーザ環境で行なえるようになり、グループ単位での時分割ライセンスの提供や時限設定による自動無効化、オフライン環境への導入などに柔軟に対応できる。また、epiLearn、プレゼンテーション、アセスメントを「EpiTrackerサーバ」に登録するユーティリティが提供される。


出荷日・発売日 2011年1月14日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「eラーニングシステム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「eラーニングシステム」関連情報をランダムに表示しています。

「eラーニングシステム」関連の製品

eラーニングシステム 「学びばこ」 【テクノカルチャー】
eラーニングシステム
自社で独自の教材を利用でき、シンプルで使いやすいシステム。
システムはカスタマイズが可能。
オンプレミス、クラウドどちらにも対応。
スマホ・タブレットでも受講可能。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032569


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > eラーニングシステム > eラーニングシステムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ