同軸ケーブルサージ保護対応、APCジャパンの大容量小型UPSとは?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


同軸ケーブルサージ保護対応、APCジャパンの大容量小型UPSとは?


掲載日:2010/12/22


News

 株式会社エーピーシー・ジャパン(APCジャパン)は、SOHO・中小企業など向けに、最大出力容量1000VA/600Wの小型UPS(無停電電源装置)「APC RS 1000」を発売した。

 「APC RS 1000」は、従来の接続機器を電源障害から保護する機能に加え、TVやDVDを落雷時の過電圧(サージ)から保護する、同軸ケーブルサージ保護機能を備えている。更にLCD表示やマスタ連動コンセントなど、消費電力の削減を図り、環境に配慮した機能を備えている。

 大容量で、高消費電力なPCに加え、外付けHDD、IP電話など多数のデジタル機器を接続できる。停電や瞬電時に、1台で複数の機器の電源をバックアップし、コンセント・LANケーブル・同軸ケーブルといった回線からのサージから保護できる。更に、UPSの状態や接続機器の消費電力がLCDモニタに表示され、ランタイム、充電レベル、バッテリ交換タイミングなどUPSの状態を簡潔に把握できる“LCDモニター表示機能”や、マスタコンセントに接続したデスクトップPCのスリープモードや機器のオン/オフに合わせて、周辺機器の電源を同時にオン/オフし、周辺機器の待機電力の削減を図れる“マスター連動コンセント機能”などの機能を備えていて、より安全・効率的にUPSを使用できる。

 警告音発生時に簡単に警告音を消せるミュートボタンを備えているほか、あらかじめ警告音をオフにしておくミュート設定も行なえ、警告音が問題になる場所でもUPSの設置を容易に行なえる。LCDにUPSの動作状態が表示され、ユーザで解決できないトラブルが起こった際にも、コールセンタスタッフとLCDを通じて原因を共有でき、迅速な解決を図れる。

 “自動電圧調整(AVR)機能”を備えていて、一定範囲の電圧変動に対して自動的な調整を行なえるため、電圧の急激な上昇と下降によるバッテリ運転への切り替えを低減でき、不要なバッテリ動作を防止し、バッテリの長寿命化を図れる。AVR機能そのものも消費電力を抑える設計が採用されている。また、電源管理ソフトウェア“PowerChute Personal Edition”が標準添付されているため、電源障害時にはUPSに接続しているデスクトップPCを自動シャットダウンし、データを安全に保護する。


出荷日・発売日 2010年12月21日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032532


IT・IT製品TOP > サーバー > UPS > UPSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ