日本HPの中堅・中小規模企業向けファイルサーバ専用NASとは?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HPの中堅・中小規模企業向けファイルサーバ専用NASとは?


掲載日:2010/12/21


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、中堅・中小規模企業向けファイルサーバ専用NAS(Network Attached Storage)製品群を強化し、「HP StorageWorks X1000 G2 Network Storage System(「X1000 G2」シリーズ)」で4モデル、「HP StorageWorks X3000 G2 Network Storage System(「X3000 G2」シリーズ)」で2モデルの新製品を発売した。

 「X1000 G2」シリーズは、中堅・中小規模企業向けのファイルサーバに適したモデル、「X3000 G2」シリーズは、ファイルサービス・ゲートウェイとしてデザインされ、クラスタ構成に対応したモデルになっている。

 「X1000 G2」シリーズでは、単一の画面で分かりやすく直感的に操作できるGUIを提供する簡単管理ソフトウェア「HP StorageWorks X1000 Automated Storage Manager」(HP ASM)を標準搭載していて、ウィザードに従ってクリック、入力していくことで、専門知識不要で複雑な作業を自動的に実行できる。また、ダイナミック(動的)なフォルダ管理機能を備えていて、既存のフォルダに設定した最大データ容量を増やしたい場合、その値を再設定することで動的に増やせるため、フォルダ管理にかかる作業工数とコストの削減を図れる。

 両シリーズとも、「Microsoft Windows Storage Server 2008 R2」を採用したことで、汎用サーバに比べ最大20%高速なファイルサービスを提供する。Client Access License(CAL)が無制限でバンドルされているため、アクセスする利用者が増えた場合でも、CALの追加購入不要で利用でき、ライセンスコストの削減などを図れる。

 スナップショット(Volume Shadow Copy Service)機能を搭載していて、ストレージサーバ上に保存したファイルを誤って削除した場合でも、事前にバックアップとしてスナップショットを取っておくことで、業務を停止せずにファイルを復旧できる。また、ファイルサーバ上の同一のファイルを判別し、自動的に統合する、重複ファイル排除機能(Single Instance Storage:SIS)が提供され、ファイルが更新されている場合は異なるファイルとして保存されるため、重複したファイルのみを減らして、空き容量を確保できる。


出荷日・発売日 2010年12月20日 発売
価格 お問い合せ下さい

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

「日本ヒューレット・パッカード」セミナー

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032511


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ