日立電サのサーバ向けSaaS型オンラインバックアップ、強化点は?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立電サのサーバ向けSaaS型オンラインバックアップ、強化点は?


掲載日:2010/12/21


News

 日立電子サービス株式会社(日立電サ)は、日々の業務データを自動的にバックアップするSaaS型オンラインバックアップ「安心バックアップサービス」で、サーバ向けサービスの機能強化版を、発売した。

 サーバ向け「安心バックアップサービス」では、簡単な操作でバックアップ・復元を行なえる。東日本・西日本の2つのデータセンタでバックアップデータを保管するため、災害を想定したBCP(事業継続計画)対策としても利用できる。

 SaaS型なので、ユーザはインフラ設備の準備やシステム構築/運用が不要。一度バックアップファイルの選択とバックアップスケジュールを設定すれば、あとは設定したスケジュールに従って自動的にバックアップされる。また、バックアップデータをデータセンタへ転送する際に暗号化が行なわれ、情報漏洩防止が図られている。暗号方式は米国標準規格のAES(Advanced Encryption Standard)を採用している。

 今回の機能強化版では、Windows Server 2003に加え、Windows Server 2008に対応した。また、Microsoft SQL Serverのデータファイルのバックアップ・復元に対応した。

 バックアップ対象データの最大容量に応じて、10GB/20GB/50GB/100GBの各コースが設定されている。月額費用は、いずれもオープン価格となっている。


出荷日・発売日 発売済
価格 月額費用:オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

ハイパーコンバージドインフラとバックアップ 【arcserve Japan】 中小企業のDR/BCP対策、仮想環境の可用性に対する「5つの課題」 【Veeam Software japan】 統合バックアップソリューション 「Backup Exec」 【ベリタステクノロジーズ】 「投資しても止まるシステム」 可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか? 【Veeam Software japan】 Acronis Backup 【アクロニス・ジャパン】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
ハイパーコンバージド=バックアップ不要…は正しい?! 中小企業のDR/BCP対策、仮想環境の可用性に対する「5つの課題」 幅広いプラットフォームとアプリケーションに対応する統合バックアップソリューション。台数ベースライセンスのほか、容量課金、仮想環境向けソケット課金にも対応。 「投資しても止まるシステム」 可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか? ディスクイメージング技術とベアメタル復元技術に基づいたディザスタリカバリとデータプロテクションを実現する統合ソリューション。物理/仮想の混在環境にも対応。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032507


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ