デルが提供するデータセンタ統合管理のパッケージとは?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


デルが提供するデータセンタ統合管理のパッケージとは?


掲載日:2010/12/17


News

 デル株式会社は、効率的なITの運用を図るデータセンタ統合管理ソリューション「Virtual Integrated System(VIS)」のコンポーネント・ソフトウェアの1つ「Dell Advanced Infrastructure Manager(AIM)」を、ハードウェアや導入サービスなどと組み合わせたソリューション・パッケージ「AIMビジネス・レディ・ソリューション・パッケージ(AIM BRS)」を発売する。価格は、990万円から(送料込)となっている。

 「AIM」は、サーバ、ストレージ、ネットワークインフラなどのITリソースを、単一のリソース・プールとして管理することで、IT資産の使用効率の向上や管理にかかる時間の削減などを図れるソフトウェア製品。「AIM BRS」は、「AIM」にサーバやスイッチなどのハードウェア、導入サービスやサポートを組み合わせてオールインワンで提供される。なお、2011年4月頃には、「AIM」ソフトウェア単体での販売が開始される予定。

 「AIM」では、効率的なデータセンタ管理を行なえるほか、サーバの迅速なプロビジョニングを行なえ、数分で自動的にサーバを発見し、各種設定、配線の手動変更不要で、ローカルディスクまたは中央ストレージからイメージを割り当て、起動できる。サーバ障害を自動的に検知、スペアの物理または仮想サーバに変更し、ネットワークやストレージ接続を自動的に確立できる。

 物理環境と仮想環境の統合管理を行なえ、ワークロードの仮想化にともなうリスク軽減を図れる。サーバの役割の変化に合わせて、接続トポロジを自動的に調整できるほか、必要に応じてサーバをCPU性能の高いハードウェアまたは低いハードウェアに移動できる。また、複数ベンダのハードウェアと複数の仮想化ソフトウェアの混在環境をサポートする。

 「AIM BRS」は、検証済みの組み合わせを利用することで、導入したその日からすぐに利用できる。増設可能なブレードサーバと拡張可能なEqualLogic iSCSIストレージを利用するため、拡張性に優れているほか、障害時にはクラスタリング・ソフトウェア不要でN+1を自動的に確立する信頼性を備えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 990万円〜(送料込)

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データセンター運用」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データセンター運用」関連情報をランダムに表示しています。

「データセンター運用」関連の製品

リソースの組み替えは自由自在――インフラの統合はハイパーコンバージドの先へ 【伊藤忠テクノソリューションズ】 今さら聞けない「ハイブリッドクラウド」、その基礎から最新動向までを紹介 【伊藤忠テクノソリューションズ】 ビジネスの急速な変化にも対応、次世代型データセンターの構築はどう進める? 【ヴイエムウェア】 「第2のFacebook」を狙う企業のために──OCP仕様製品のデータセンター導入 【伊藤忠テクノソリューションズ】 なぜ日本企業は「Open Compute Project」仕様のハードに注目し始めたのか? 【伊藤忠テクノソリューションズ】
データセンター運用 データセンター運用 データセンター運用 データセンター運用 データセンター運用
リソースの組み替えは自由自在――インフラの統合はハイパーコンバージドの先へ 今さら聞けない「ハイブリッドクラウド」、その基礎から最新動向までを紹介 次世代型データセンターの構築はどう進める? 柔軟と迅速がキーとなる 「第2のFacebook」を狙う企業のために──OCP仕様製品のデータセンター導入 なぜ日本企業は「Open Compute Project」仕様のハードに注目し始めたのか?

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032486


IT・IT製品TOP > データセンター > データセンター運用 > データセンター運用のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ