1台でコンソールドロワーとKVMスイッチの機能を備えた機器とは?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


1台でコンソールドロワーとKVMスイッチの機能を備えた機器とは?


掲載日:2010/12/17


News

 ATEN(エイテン)ジャパン株式会社は、ラックの扉を閉めたままでも監視できる19インチLCDモニタを搭載し、コンソールドロワーとKVMスイッチの機能を備えた、PS/2・USB KVMドロワー2機種「CL5808/CL5816」を、2011年1月14日より出荷する。

 「CL5808/CL5816」は、1u(高さ44.45mm)サイズでシステムラックにマウントでき、コンソールデバイス(キーボード/モニタ/マウス)とアナログKVMスイッチと同等の機能を1台で提供する。「CL5808」には8台、「CL5816」には16台のサーバを接続できる。

 “デュアルスライド”構造の設計を採用していて、ドロワー上部のLCDパネルと下部のキーボード/タッチパッドパネルを別々にスライドでき、省スペース化を支援する。キーボード/タッチパッドパネルを使用しない場合はラックに収納し、LCDパネルだけを起こして使用できるため、ラックを施錠し扉を閉めたまま監視を継続することもできる。

 キーボード/タッチパッドパネルのフロント部分にUSBポートを搭載している。同ポートに接続されたUSBデバイスは、製品配下のサーバ間で共有し、切り替えて使用できるため、ソフトウェアのインストールやシステムバックアップなどの作業時でも1台ずつデバイスを抜き差しすることが不要で、スムーズに作業できる。

 配下のサーバにコマンドを一斉送信する“ブロードキャストモード”を備えている。同モードが有効になっている場合には、コンソールから入力されたコマンドは同製品に接続された全サーバに一斉送信される。大規模なシステムシャットダウンやソフトウェアのインストールの際にも、1台ごとに切り替えて操作することが不要で、作業を効率化できる。

 なお価格は、「CL5808」が30万円、「CL5816」が32万5000円となっている。


出荷日・発売日 2011年1月14日 出荷
価格 「CL5808」:30万円、「CL5816」:32万5000円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032481


IT・IT製品TOP > サーバー > KVMスイッチ > KVMスイッチのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ