USBデバイスを挿すことで会社PCへ安全に接続できるJBAT製品とは

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


USBデバイスを挿すことで会社PCへ安全に接続できるJBAT製品とは


掲載日:2010/12/17


News

 JBアドバンスト・テクノロジー株式会社(JBAT)は、自宅PCにUSBデバイスを挿すことで、会社PCへ安全に接続して業務を行なえるソリューション「どこでも仮想PCコネクト Pocket」を、発売する。価格は、オープン価格となっている。

 「Pocket」では、セキュアなネットワークを通して簡単に社内のPCを操作できる「どこでも仮想PCコネクト」と併用することで、通常のインターネット回線を利用し、画面操作情報を暗号化して送受信することで、セキュリティを確保しながら安全に利用できる。USBデバイスには既に専用プログラムが入っているため、接続元である自宅PCへのプログラム導入は不要。

 USBデバイスが持つ認証機能を利用してユーザを認証できる。認証方式は指紋/パスワードの2タイプが用意されていて、要望に応じて購入できる。また、会社PCのデータを接続元のローカルHDDやUSBデバイスに保存できないほか、画面キャプチャも禁止されるため、情報漏洩を防止できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「シンクライアント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「シンクライアント」関連情報をランダムに表示しています。

「シンクライアント」関連の製品

HP Moonshot HDI シンクライアントソリューション 【アクシオ】 利便性とセキュリティに優れたワークスペースを利用する“WaaS” 【横河レンタ・リース】 川口信用金庫が400台のPCをシンクライアントに移行した理由 【パラレルス】
シンクライアント シンクライアント シンクライアント
HDI(Hosted Desktop Infrastructure)は、継続したパフォーマンスを提供できるハードウェア占有型のシンクライアントソリューション。ネットワーク分離用途にも適用可能。 ワークスタイル変革を掲げVDIを導入してもその効果を発揮できない企業も多い。そこで利便性とセキュリティに優れたワークスペースを利用する“WaaS”が注目されている。 川口信用金庫が400台のPCをシンクライアントに移行した理由

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032477


IT・IT製品TOP > 仮想化 > シンクライアント > シンクライアントのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ