機能強化されたインターコムのSaaS型リモートサポートソフトとは

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


機能強化されたインターコムのSaaS型リモートサポートソフトとは


掲載日:2010/12/16


News

 株式会社インターコムは、SaaS型リモートサポートソフト「LAPLINK ヘルプデスク」で、Windowsのトラブル修復用の起動状態(セーフモード)での遠隔操作など、より高度なユーザサポートを行なえる4つの機能追加を行なったバージョンを、12月20日より提供する。

 今回のバージョンでは、ユーザサポート時に顧客のPCをセーフモードでリモートコントロールする機能が備えられたことで、通常起動時では操作できないドライバソフトの変更や削除などの修復作業を行なえるようになり、難易度の高いトラブルを遠隔操作で解決できるようになった。そのほか、リモートコントロール中のPCを再起動後に自動接続させる機能などを利用することで、ユーザサポートを提供する企業はより品質の高いサービスを顧客に提供できる。

 リモートサポート中にサポートスタッフが顧客のPCの“ユーザの切り替え”を行なえるため、アプリケーションのインストールやパッチファイルの適用が必要になった際に、接続を切断せずに管理者権限ユーザに切り替えて作業を継続できる。顧客のPCが使用しているOSを判別し、適切なサイズのインストールプログラムを自動で選択しインストールすることで、リモートコントロールの準備にかかる時間を短縮でき、すぐにリモートサポートを開始できる。また、顧客のPC(クライアント側)の対応OSに、Windows Server 2008 R2/Server 2008が追加されたことで、企業向けのシステムサポートを行なっている会社などで、更に幅広く利用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サービスデスク」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サービスデスク」関連情報をランダムに表示しています。

「サービスデスク」関連の製品

“ITIL”準拠の近道、3要素で見直すITサービス管理業務 【クレオネットワークス】 イオングループ、西武グループに学ぶITサービス管理のトレンド 【クレオネットワークス】 Senju Service Manager 【野村総合研究所】 IT投資の70%を占める運用コスト、なかなか減らせない原因は? 【クレオネットワークス】 ITIL準拠のITサービス管理基盤「SmartStageサービスデスク」 【クレオネットワークス】
サービスデスク サービスデスク サービスデスク サービスデスク サービスデスク
“ITIL”準拠の近道、3要素で見直すITサービス管理業務 イオングループ、西武グループに学ぶITサービス管理のトレンド ITILやISO20000(ITSMS)で求められる運用プロセスを実現。業務負荷を軽減しつつITサービスの品質を向上させ、システム利用者からの多様な情報へ迅速かつ的確に対応できる。 IT投資の70%を占める運用コスト、なかなか減らせない原因は? 過去、ITIL準拠のワークフロー導入に多くの人が失敗した原因は? 「ITILは自社の業務プロセスとマッチしていなかった」ということなら、今こそ再検討のタイミング!

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032462


IT・IT製品TOP > 運用管理 > サービスデスク > サービスデスクのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ