定型処理を自動化できるマイクロリンクの業務用PDFリーダーとは

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


定型処理を自動化できるマイクロリンクの業務用PDFリーダーとは


掲載日:2010/12/14


News

 株式会社マイクロリンクは、業務用PDFリーダー「MSA」(MICROLINK Spool Assistant)を、発売した。

 「MSA」では、帳票印刷に限らず、文書管理などへ連携するための出力など、定型業務の出力処理を自動化/定型化できる。帳票を出力する場合、両面印刷/ステープラー/集約出力など詳細なプリンタ設定を帳票単位に記憶できるため、設定の手間を省ける。プリンタ設定に加え、リーダー機能制限設定やオーバーレイ印刷設定、閲覧方法設定、スプール許可設定、持ち出し不可設定、システム連携出力設定、PDF出力セキュリティ設定、帳票印刷セキュリティ設定などが可能。また、Web/ターミナルサービス/RIAシステムにも対応できるよう考慮されている。

 帳票開発ツールではないため、どのようなツールで帳票を開発しても、最終的にPDFに出力すれば、それ以降の処理を自動化できる。対応しているPDF生成エンジンは、株式会社スカイコムの「SkyPDF」シリーズで、「MSA」専用版を同梱した商品も提供される。「SkyPDF」の製品ラインアップには、サーバアーキテクチャのPDF生成エンジンも用意されていて、WebシステムやRIAシステムにはマルチスレッドサーバ版、ターミナルサービスを利用したシステムにはターミナルサービス版を組み合わせることができる。

 「MSA」は、当初、マジックソフトウエア・ジャパン株式会社が「MSA for Magic uniPaaS」として販売する。文書管理システムなどへの連携には、同社のSOA(サービス指向アーキテクチャ)/EAIツール「Magic jBOLT」が推奨されている。


出荷日・発売日 2010年12月13日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PDFソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「PDFソフト」関連情報をランダムに表示しています。

「PDFソフト」関連の製品

PDF帳票生成エンジン SVF for PDF 【ウイングアーク1st】
PDFソフト
日本固有の緻密な帳票を生成するPDFエンジン。高精細かつピーク時の同多重アクセスへの対応により、バーコードや画像の貼付けなどハイグレードなPDFの活用・効率化を支援。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032422


IT・IT製品TOP > PCソフト > PDFソフト > PDFソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ