NTTソフトウェアのコンタクトセンタ向け製品で改良された点とは

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTソフトウェアのコンタクトセンタ向け製品で改良された点とは


掲載日:2010/12/13


News

 NTTソフトウェア株式会社は、コンタクトセンタ向けソフトウェア「CTBASE」シリーズのラインアップを拡充し、CTIシステム「CTBASE/Core」のASPサービスを、2011年1月13日より提供する。また、待ち呼の詳細情報を表示できるLED表示ボードへの対応と、大規模コンタクトセンタへの対応を行なったバージョンを、同日より発売する。

 今回提供されるASPサービスでは、「CTBASE/Core」が提供する、オペレータ端末で電話機操作を行なえるソフトフォン機能を利用できる。IPコンタクトセンタシステムに加えソフトフォンをASPで利用できるため、コンタクトセンタの効率と応対品質の向上を図れる。ASPなので、初期導入費用を削減できるほか、サーバ機器の運用/保守がASP側で実施されるため、コンタクトセンタの運用管理者の作業負荷を軽減できる上、専門家による高い保守性が提供される。

 今回発売されるバージョンでは、待ち呼見える化システム「CTBASE/SignalPro」がLED表示ボードに対応したことで、待ち呼数/受付可能人数など、詳細な運営状況を把握できる。これにより、コンタクトセンタ運営者やスーパーバイザは、より適切な対策を講じられるようになり、顧客満足度向上を図れる。また、「CTBASE/Core」で、1台のサーバで500席まで利用できるようになったことで、大規模コンタクトセンタでのサーバ台数の抑制を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「コールセンター/CTI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「コールセンター/CTI」関連情報をランダムに表示しています。

「コールセンター/CTI」関連の製品

次世代クラウドサービス PureCloud 【インタラクティブ・インテリジェンス】 NSTechno-phone Manager 【日本証券テクノロジー】
コールセンター/CTI コールセンター/CTI
コラボレーション、コミュニケーション、顧客エンゲージメント向けクラウドサービスをオールインワンで提供。高い拡張性・信頼性・セキュリティのもとで利用できる。 Ciscoのユニファイドコミュニケーションと連携するCTIアプリケーション。パソコンにて電話帳を検索、プレゼンスを確認しワンクリックによる電話発信などを実現。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032409


IT・IT製品TOP > 情報システム > コールセンター/CTI > コールセンター/CTIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ