クラウドを活用したライトワークスのeラーニング、利点は?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


クラウドを活用したライトワークスのeラーニング、利点は?


掲載日:2010/12/13


News

 株式会社ライトワークスは、株式会社日立ソリューションズのクラウドサービス「SecureOnline」を活用したeラーニングサービス「Careershipクラウドトレーニングサービス」の提供を、開始した。

 ライトワークスの学習管理システム「Careership」は、利用権限を柔軟に設定できるほか、直感的に操作できるインターフェースを備えているため、大企業のグループ全体や多店舗展開企業の様々な雇用形態のスタッフに向けたトレーニングなど、大規模かつ複雑に運用する場合でも利用できる。また、大容量のトレーニング用動画を配信できるほか、企業内SNS機能を活用して様々なファイル様式で情報を共有できる。PCのほか、携帯電話やスマートフォン、iPadなどでも活用できる。

 今回提供開始された「Careershipクラウドトレーニングサービス」では、「SecureOnline」を用いて「Careership」を提供することで、利用者の増減への柔軟な対応や、サービスの即時利用が可能になる。新たなサーバなどの設備が不要なため、初期費用を低減できるほか、利用内容や利用レベルに応じてきめ細かく課金できるため、特に、多数の拠点があり利用者の入れ替わりが激しい場合に、コスト削減を図れる。

 両社は、プライベート・クラウド基盤でのeラーニングシステムの構築/運用や、ユーザ企業のシステムとの連携に関するサービス、クラウドを基盤にした在宅での研修の実施や自己啓発の仕組みなど、新しいサービスを企画・開発し、「Careershipクラウドトレーニングサービス」のメニューとして提供していく。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「eラーニングシステム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「eラーニングシステム」関連情報をランダムに表示しています。

「eラーニングシステム」関連の製品

THiNQ Maker 【ソフトバンク コマース&サービス】 eラーニング「楽々てすと君」 【ソフトバンク コマース&サービス】 プレゼン型コンテンツ作成ソフト STORM Maker 【ソフトバンク コマース&サービス】 オンライン大学運営のノウハウを生かす“使われるeラーニングシステム”の秘訣 【サイバーユニバーシティ】 SaaS型eラーニングシステム 「Platon お手軽スタートパック」 【ソフトバンク コマース&サービス】
eラーニングシステム eラーニングシステム eラーニングシステム eラーニングシステム eラーニングシステム
簡単な操作でマルチデバイス対応のテスト/アンケート/クイズ・コンテンツを作成できるWindowsソフトウェア。出題や解答、解説には画像/音声/動画を利用可能。 「簡単」「お手軽」「シンプル」なeラーニングシステム。ブログ感覚で簡単にコンテンツが作成でき、アンケートシステムとしても利用することが可能。 PowerPointファイルからマルチデバイス対応Webコンテンツを出力。高度な音声合成機能により、ナレーション付きコンテンツも手間やコストをかけずに作成可能。 オンライン大学運営のノウハウを生かす“使われるeラーニングシステム”の秘訣 マルチデバイス対応のSaaS型eラーニングシステム「Platon」とコンテンツ作成ソフト「STORM Maker」、クイズ作成ソフト「THiNQ Maker」をスタートパックとして低価格で提供。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032401


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > eラーニングシステム > eラーニングシステムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ