ソニー、様々な機器に対応する法人向けコンテンツ配信システム

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ソニー、様々な機器に対応する法人向けコンテンツ配信システム


掲載日:2010/12/10


News

 ソニー株式会社は、映像などのコンテンツをPCや「アクトビラ」対応のテレビ、モバイル端末などに大規模・効率的に配信するシステム「“OPSIGATE”(オプシゲート)デリバリー」を、2011年1月より発売する。

 “OPSIGATE”は、映像や各種ファイルの取り込み、コンテンツの管理、メタデータによる簡単検索、IPネットワーク経由でのコンテンツの視聴、ダウンロードなどの機能をトータルサポートするコンテンツ管理配信システム。今回発売される「“OPSIGATE”デリバリー」は、既発売の「“OPSIGATE”マネジメント」と組み合わせることで、システム上で管理されたコンテンツを様々な視聴機器に配信できるようにする。PCへの配信に加え、「アクトビラ」対応のテレビやモバイル端末など、様々な視聴機器へのコンテンツ配信を行なえる。また、追加で配信エッジユニットを組み合わせることで大規模・多拠点への配信をより効率的に行なえる。

 「“OPSIGATE”マネジメント」と「“OPSIGATE”デリバリー」がシームレスに連携することで、管理者は、Webポータルサイトに関する専門知識不要で、コンテンツ管理用のWeb画面からシンプルな操作で配信指示を行なえる。配信指示画面で、公開期間の設定、対象になる視聴機器、配信先などを登録すると、コンテンツは自動で対応ファイル形式に変換され、メタデータとともにポータルサイトにアップロードされる。また、配信エッジユニット(別売)を追加することで、効率的な配信を行なえ、大規模・多拠点配信が可能になる。

 “OPSIGATE”管理配信パッケージ(「“OPSIGATE”マネジメント」+「“OPSIGATE”デリバリー」のセット)では、PC約500台、「アクトビラ」対応のテレビ20台までの一斉オンデマンド配信を行なえる。配信エッジユニットを追加していくことで、スケール拡張(PCや「アクトビラ」対応テレビの配信台数の増加)にも柔軟に対応できる。

 柔軟なシステム拡張性を備えていて、小規模配信から大規模配信まで、また、ライブ配信や専用ポータルの開発など、配信の方法や規模、状況により要望に合わせたインテグレーション・カスタマイズ開発を提供することもできる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032394


IT・IT製品TOP > WEB構築 > その他WEB構築関連 > その他WEB構築関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ