日本IBM、自然言語解析対応のeDiscovery向け電子情報分析ソフト

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、自然言語解析対応のeDiscovery向け電子情報分析ソフト


掲載日:2010/12/10


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は、訴訟でのeDiscovery(電子証拠開示)対応で、必要と予想される電子証拠を特定するために、電子情報を分析・抽出するソフトウェアの新製品「IBM eDiscovery Analyzer V2.2」の提供を、開始した。

 「IBM eDiscovery Analyzer V2.2」は、話し言葉や書き言葉といった、自然言語の日本語解析に対応したeDiscovery関連製品で、類似文書の特定や関連情報の傾向などを把握できるため、大量の情報から訴訟に関連する電子証拠をより的確に特定し、絞り込むことで、eDiscoveryにかかるコストの削減を図れる。

 英語や日本語など11言語の自然言語解析に対応することで、訴訟の対象になりうる電子情報の分析・抽出をよりきめ細かく行なえるようになった。あらかじめ対象になる情報をある程度絞り込むことで、コストを抑えられるほか、訴訟前に、自社で保有する関連情報を特定できるため、早めに対策を講じられる。

 類似した文書や、同じ内容を表す別の表現を利用している文書などを特定することで、関連しそうな情報や重要な証人などを漏れなく抽出でき、抽出した情報を、訴訟ごとに効率的に分類することもできる。また、情報の傾向や相関、通信の相手や内容、一定期間の出現頻度の調査や、無関係な第三者への情報提供を行なっているなどの疑惑のある文書も抽出できる。更に、これらの情報を直感的に把握できるユーザ・インターフェースを備えている。

 また同社は、電子情報の検索を行なうソフトウェアに、訴訟関連の業務を細かく制御するための、監査担当者、訴訟関連文書検索担当者、IT管理者といった役割を個別に設定できる機能などを追加した新製品「IBM eDiscovery Manager V2.2」も発表した。「IBM eDiscovery Manager」で検索され、ある程度絞り込まれた情報を、「IBM eDiscovery Analyzer」で高度に分析し、更に情報を絞り込むことができる。2製品を合わせて使用することで、外部の弁護士や専門のサービス業者による電子情報の選別・精査を行なうために提出する情報のうち、関連がないと判断した情報を約80%削減した例もある(米国での実績)。

 「IBM eDiscovery Analyzer V2.2」「IBM eDiscovery Manager V2.2」に、日々の電子情報の収集・蓄積を行なうソフトウェア「IBM Content Collector」を加えたバンドル製品「IBM Content Collector Discovery Analytics」も提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 汎用データ解析/統計解析ソフトウェア「S-PLUS」 【NTTデータ数理システム】 クラウドBIダッシュボード MotionBoard Cloud 【ウイングアーク1st】 クラウド型BIツール「DragonFly BI」 【グレープシティ】 オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】
BI BI BI BI BI
情シスの負担激減!誰でも使える分析ツールって? 世界で20年以上の実績と信頼性を誇るデータ解析ソフトウェア。高度なデータ解析と手軽で豊富なグラフィック機能を兼ね備えている。 様々なデータソースからの情報を一元的に可視化するクラウド型BIツール。リアルタイムで自動集計されるデータを分かりやく可視化し、経営や現場の意思決定に活用できる。 『スプレッドシート』を独自に採用し、使いやすさにこだわったシンプルなクラウド型BIツール。 従来のBIツールが思ったほど導入が進んでいない理由とは?

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032383


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ