NECDS、新開発非球面ミラー採用の超短焦点プロジェクタ2機種発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NECDS、新開発非球面ミラー採用の超短焦点プロジェクタ2機種発売


掲載日:2010/12/08


News

 NECディスプレイソリューションズ株式会社(NECDS)は、プロジェクタ「ビューライト」シリーズの新商品で、超短焦点プロジェクタの「NP-U310WJD」を12月14日より、「NP-U300XJD」を2011年1月24日より発売する。価格は、いずれもオープン価格となっている。

 今回の新商品は、新開発された非球面ミラーを採用したことで、超短焦点投写を行なえる。2機種とも、スタンバイ状態で“省電力”を設定すると、スタンバイ時の消費電力が0.5Wになる省電力設計になっているほか、フレームシーケンシャル方式の3D投映にも対応している。また、「NP-310WJD」は80インチ画面(16:10)を約17cm、100インチ画面(16:10)を約32cmの距離から、「NP-U300XJD」は80インチ画面(4:3)を約28cm、85インチ画面(4:3)を約32cmの距離から投写できる。また、「NP-U310WJD」は明るさ3100ルーメン、「NP-U300XJD」は3000ルーメンを達成している。

 プロジェクタとメガネの同期を映像信号から直接取り、赤外線送信機不要の“DLP Link方式”を採用していて、オプションの専用3Dメガネ、またはDLP Link方式に対応した市販の液晶シャッタメガネを使用することで、大画面3D映像を見られる(ブルーレイ方式の3Dには非対応)。

 HDMI端子を標準装備し、ハイクオリティなデジタル映像を投写できるほか、コンピュータ入力端子、ビデオ入力端子、S-ビデオ入力端子などを装備していて、システムアップにも幅広く対応できる。また、10Wのモノラルスピーカを内蔵していて、広い会議室や教室でも鮮明な音響を提供する。

 本体操作部、端子部、リモコンに日本語表記を採用し、使いやすさに配慮している。オプション品として、天井取り付け用金具、壁掛け金具、置き台が用意されていて、様々な設置への要望に対応する。また、映像を投写する面が壁などの場合、画像のオリジナルの色味に近づける“壁色補正機能”を搭載していて、黒板に直接投写する場合などに利用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032353


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ