ワンビシ、メディア保管・集配サービスにHDD用保管ケースを追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ワンビシ、メディア保管・集配サービスにHDD用保管ケースを追加


掲載日:2010/12/08


News

 株式会社ワンビシアーカイブズは、システム障害・災害対策用のバックアップデータや長期保管用のアーカイブデータを記録したメディアを、遠隔地の専用施設・設備で安全に保管する「メディアの保管・集配サービス」の新メニューとして、HDD用保管ケースの取り扱いを、開始した。

 「メディアの保管・集配サービス」では、LTO(Linear Tape-Open)やDLT、DVDなど各記録メディアに応じた保管ケースを提供している。

 今回取り扱い開始されたHDD用保管ケースは、MIL規格(アメリカ国防総省調達規格)を満たす、耐衝撃性に優れた樹脂製ケースで、落下や振動などの衝撃が及ぼす影響を抑えられる。気密性にも優れ、外気から受ける影響を抑えられるほか、埃や塵の進入を防止できる。内装材は、HDDの形状に応じて、自由に型抜き(加工)できるスポンジタイプが採用されている。

 これらにより、繊細な取り扱いが必要なHDDでも、同サービスを利用できる。

  (写真:HDD保管ケースの外装イメージ)



出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他ストレージ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ストレージ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ストレージ関連」関連の製品

「働き方改革実現」だけではなく効率的な業務も実現 驚きの施策とは 【EMCジャパン株式会社】 これからのオールフラッシュアレイはどこで差がつく? 選定時に注目すべき機能 【Dell EMC】 “匠の技”を必要としない自動運用――次世代インフラを支えるストレージとは? 【三井情報+他】 オールフラッシュアレイ導入のヒント、これだけは知っておきたい5つの評価基準 【ネットアップ】 普及で見えてきたフラッシュのメリット、導入企業が実感したその効果とは? 【ネットアップ】
その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連
必須要件は10万IOPS、ネットワンシステムズに学ぶストレージ刷新 これからのオールフラッシュアレイはどこで差がつく? 選定時に注目すべき機能 ストレージエンジニアはもはや不要? 次世代オールフラッシュ「3つの優位性」 オールフラッシュアレイ導入のヒント、これだけは知っておきたい5つの評価基準 普及で見えてきたフラッシュのメリット、導入企業が実感したその効果とは?

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032340


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ