さくらインターネット、専用サーバを強化、仮想環境構築も可能に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


さくらインターネット、専用サーバを強化、仮想環境構築も可能に


掲載日:2010/12/06


News

 さくらインターネット株式会社は、専用サーバサービスで提供するサーバモデルをリニュアルし、サーバスペックの増強を主にしたプラン改定を、12月9日に実施する。また、OSプランも拡充し、新たに仮想化ソフトウェア「Citrix XenServer」を提供する。

 今回のプラン改定では、専用サーバの「ベーシック」「RAID」プランと「専用サーバ Platform St」で、CPUがマルチコアXeonに統一される。新たに提供される「DualCore Xeonモデル」では標準メモリ容量が4GBに増強されるほか、上位モデル「QuadCore Xeonモデル」では最大で16GBまで拡張可能になるなど、サーバスペックの強化が図られている。

 OSプランの拡充では、新たなOSプラン「Citrix XenServer 5.6」(無償版)が追加され、専用サーバで仮想環境の構築が可能になる(同社がサポートする範囲は、物理サーバと「Citrix XenServer」ハイパーバイザまで)。また、これまで提供してきたOSプラン「Ubuntu 8.04」を「Ubuntu 10.04」にバージョンアップし、新たに同バージョンの64ビット版を提供する。

 専用サーバの「ベーシック」「RAID」「アドバンスド」プランでは、納期も短縮され、利用料金の入金確認後5営業日以内で提供開始される。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032311


IT・IT製品TOP > データセンター > その他データセンター関連 > その他データセンター関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ