MOBOTIX JAPANなど、ネットワークカメラとアプライアンスを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


MOBOTIX JAPANなど、ネットワークカメラとアプライアンスを発売


掲載日:2010/12/03


News

 MOBOTIX JAPANは、日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)、株式会社アイ・ユー・ケイ(IUK)の協力のもと、全方位ネットワークカメラ「MOBOTIX Allround Hemispheric Q24」と、IBMのx86サーバ「IBM System x3630 M3」を組み合わせたネットワークカメラ・アプライアンス「MXアプライアンスサーバー」を、発売した。価格は、1200万円(基本構成一式、税込)となっている。

 「MOBOTIX Allround Hemispheric Q24」は、1台で360度の視界をモニタリングできる。目立たない形状なので、設置されていることを意識させずに、360度死角なく全方位を確認でき、少ない設置台数でも広い範囲をカバーできる。また、レンズ部には魚眼レンズを使用していて、故障を回避できることなどから、設置工事から運用、管理までのトータルコストの抑制を図れ、高い費用対効果を備えている。

 「MXアプライアンスサーバー」は、300万画素高解像度映像の録画機能を内蔵するMOBOTIXのネットワークカメラ50台と、大容量の画像を保存できるストレージ内蔵サーバ1台をセットにしていて、画像データの一括保存やシステムの集中管理を行なえるネットワークカメラシステム・アプライアンス。ビル内の複数のセキュリティエリア、全国の支社支店、大型商業施設など、大規模なネットワークカメラの容易な導入と管理を行なうユーザに適している。

 複数セットを同時に導入する場合や増設した際にも、複数セットを1つのシステムとして管理・運用でき、多数のネットワークカメラをサーバ側で一括管理できるため、運用コストの削減を図れ、安全で堅牢なデータの保管環境を構築できる。更に、大規模システムの一元管理を行なえる管理ソフトウェア「MxControlCenter(MxCC)」を利用することで、ITの専門的な知識不要で管理、運用を行なえる。

 なお、アプライアンスは、MOBOTIX JAPANを運営するK.J.フェローとその代理店、IUK経由で販売される。また、ユーザ向けの障害受け付けや質問対応などのサポートは、IUKが提供する。


出荷日・発売日 2010年12月2日 発売
価格 1200万円(基本構成一式、税込)

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「物理セキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032297


IT・IT製品TOP > 物理セキュリティ > ネットワークカメラ > ネットワークカメラのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ