AINIX、10%以上の効率向上を図れる音声ピッキングシステム発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


AINIX、10%以上の効率向上を図れる音声ピッキングシステム発売


掲載日:2010/12/03


News

 アイニックス株式会社(AINIX)は、独トップシステム社の音声認識エンジン“topSPEECH-Lydia”を使用した音声ピッキングシステム「POT Voice」を、発売した。

 「POT Voice」では、システムからのアナウンス指示に対して音声で返答をしながら作業を進める。作業者に棚番号がアナウンスされると、作業者は、棚に表示されたチェック番号を発声し、正しい棚かどうかを確認する。次に、出荷数量がアナウンスされ、作業者が実際に出荷する数量を発声すると、指示数より多い場合は数量超過を、少ない場合は数量不足の警告をアナウンスする。歩きながら指示を受け、聞きながら出荷できるなど、従来のバーコードピッキングに比べ10%以上の物流効率向上を図れる(商品特性にもよる)。また、重量物や大容積物の扱いも容易に行なえる。

 棚番号を目視で確認するため、バーコード表示がない場合でも運用できる。バーコード表示がある場合には、商品検品やロット番号などの入力も行なえるものの、ピッキング作業に必須ではない。バーコード表示をしないことで、システム導入を安価・短期間に行なえる。また、大容量バッテリを搭載し14時間の長時間運用が可能で、摂氏-30度の冷凍庫でも使用できるように設計され、画面やキーボードがない音声専用ターミナル“VOXter”を使用していて、冷凍庫などでの使用に適している。

 話者を登録せずに使用できる不特定話者方式を採用しているため、作業者の入れ替わりが頻繁にある物流現場に適している。音声認識は、“OK”“作業開始”“もう一度”などシンプルな音声に限定することで、97%以上の高い認識率を確保できる。また、アナウンスは、音声合成による機械音声ではなく、録音した自然音声を使用しているため、聞きやすく、長時間の運用による疲労の最小化を図れる。

 出荷指示データを上位システムからダウンロードし、ピッキング終了後に、その結果を上位にアップロードするというように、上位のERP(基幹システム)やWMS(倉庫管理システム)のサブシステムとして連携して使用する。ピンキングの進捗状況は画面で確認できる。

 なお参考価格は、音声ターミナル10台までの使用ライセンが100万円で、音声ターミナルを10台使用した場合の概算システム価格は約800万円となっている。

 写真:“VOXter”



出荷日・発売日 発売済
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「在庫管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「在庫管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「在庫管理システム」関連の製品

倉庫管理システム(WMS) EXPLANNER/Lg 【NEC】
在庫管理システム
充実した分析機能により、倉庫内の見える化を実現する物流センタ向け業務パッケージ。NECの豊富な実績に基づく多彩な連携ソリューションで物流業務の効率化を支援する。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032296


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 在庫管理システム > 在庫管理システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ