コダマ、プラスチック金型専用CADシステムの新バージョンを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


コダマ、プラスチック金型専用CADシステムの新バージョンを発売


掲載日:2010/12/02


News

 コダマ コーポレーション株式会社は、プラスチック金型専用CADシステムの新バージョン「TOPmold v6.11J」を、発売した。

 「TOPmold」は、樹脂成形品の3次元CADデータを活用して、射出成形、ブロー成形、ダイカストなどの金型を設計する金型設計支援システム。

 今回の新バージョンでは、モールドベースの3次元データを利用して金型を設計する際に、「TOPmold」でモールドベースとして利用するための型板属性を定義できるようになった。型板、取付板、スペーサブロック、エジェクタプレートとしての属性を定義することで、「TOPmold」でモールド部品を少ない操作で配置できるようになる。例えば、1つの直方体をエジェクタプレートとして定義しておけば、エジェクタピンを配置した時に、自動でエジェクタピンと成形品の間に配置される。双葉電子工業株式会社の金型設計・購買支援ソフトウェア「モールド図換3D」や他の3次元CADで作成した3次元データを有効活用できる。

 プレビューを確認しながらゲートを配置できるようになった。ダイレクトゲート、サブマリンゲート、カーブドトンネルゲート、オーバーラップゲート、スポークゲートなどのゲートの種類を選択したのち、必要な寸法を指定する際に、指定した寸法でゲートの形状がどのようになるかを視覚的に確認でき、ゲートの配置の操作性が向上している。

 モールド部品ライブラリに、アンギュラカム、サポートピン用カラー、ランナーロックピン用ブシュ、ブシュ式ショルダーボルト、ボルト 貫通穴タイプ、ゲートカットスプリングが追加された。部品を選択し、サイズを指定すれば、必要な穴は自動で作成され、隣接する型板は自動で移動する。

 なお価格は、115万5000円(ライセンス使用権のみ、年間のメンテナンス料金別、税込)となっている。


出荷日・発売日 2010年12月1日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CAD」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CAD」関連情報をランダムに表示しています。

「CAD」関連の製品

3次元CAD「SOLIDWORKS」 【NEC】
CAD
豊富な2次元/3次元設計機能を備え、直感的な操作と高パフォーマンスを実現した3次元CAD。価格と機能のバランスの取れたミッドレンジ製品であり、国内トップシェアを誇る。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032267


IT・IT製品TOP > PCソフト > CAD > CADのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ