SAPジャパン、コンポーネントを機能強化した「SAP NetWeaver」

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SAPジャパン、コンポーネントを機能強化した「SAP NetWeaver」


掲載日:2010/12/01


News

 SAPジャパン株式会社は、統合アプリケーションプラットフォームの新版「SAP NetWeaver 7.3」の提供を、開始した。

 今回の新版は、主要な機能分野を備え、サービス指向アーキテクチャ(SOA)ベースのビジネスプロセス統合管理を実現する「SAP NetWeaver Process Integration」、SOAベースのアプリケーション開発環境「SAP NetWeaver Composition Environment」、データウェアハウス機能を統合したビジネスインテリジェンス・プラットフォーム「SAP NetWeaver Business Warehouse」、企業に散在する情報を統合したポータルサイトを構築する「SAP NetWeaver Enterprise Portal」、エンタープライズモビリティのテクノロジー・プラットフォームになる「SAP NetWeaver Mobile」を提供する。

 新たなビジネスアプリケーションの作成、モバイルアプリケーションの開発、データとプロセスを統合するために、プラットフォームのコンポーネントに機能強化が図られていて、インメモリコンピューティング、クラウドコンピューティング、モビリティなどの分野で、エコシステム全体を支援する。また、システムランドスケープのシンプル化によるTCOの削減を図れるほか、SAP ERPやBusiness Suiteなどのコアアプリケーションに対して影響のない適用を行なえる。Javaサポート、規格サポートの強化が行なわれている。

 個々のコンポーネントでも機能強化が行なわれていて、「SAP NetWeaver Composition Environment 7.3」では、ビジネスルール管理でのデシジョンテーブルの再利用、SOA設定の簡易化、プロセスやタスク管理のAPI追加が行なわれている。「SAP NetWeaver Process Integration 7.3」では、運用コストの削減が図られているほか、相互運用性や接続性のための標準サポート強化が行なわれている。

 「SAP NetWeaver Enterprise Portal 7.3」では、Web Page Composerによる容易なマッシュアップや管理を行なえる。「SAP NetWeaver Business Warehouse 7.3」では、新たに提供される管理コックピットコンテンツやSAP Solution Managerとの統合による素早い設定と、容易な運用を行なえるほか、データフローや計画、分析インデックスを行なうための柔軟なモデリング機能を備えている。また、「SAP NetWeaver Mobile 7.3」では、複数バックエンドへの接続、Webサービスによるバックエンドシステムとの接続を行なえる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】 オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】 OpenText Big Data Analytics 【オープンテキスト】 誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 自社の「アナリティクス成熟度」はどの段階? 分析を進化させる3つの秘訣 【インテル】
BI BI BI BI BI
“かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。
“かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。
高パフォーマンスを特長とするセルフサービス型BI。新たなデータソースも容易に統合し分析可能。莫大な非構造化データも瞬時に解析し、ビジュアルな結果をユーザに返す。 導入したのに使えないBIのワナ 第2ステップの対応が鍵だった 自社の「アナリティクス成熟度」はどの段階? 分析を進化させる3つの秘訣

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032255


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ